職場の悩み

有意義な現実逃避の方法3選!適切な取り組みはメリットを生みだします

現実逃避という言葉は一般的にはあまり良くない意味で使われることが多く、現実逃避を行う人は弱虫で根性なしという見方をされてしまうことが少なくありません。しかし、現実逃避を適切に行うことによって打ちひしがれてしまった気持ちを立て直したり、再び意欲を持って様々な物事に取り組めるようです。

この記事では、現実逃避とは何か、そして現実逃避の具体期な方法やそのメリット等を見ていきたいと思います。もしかしたら、「現実逃避したい」という気持ちは弱気から生まれるものではないのかもしれません。

現実逃避は可能か?現実逃避は計画性が大事!あなたが現実逃避で得たいものは何?

現実逃避というのは問題に対する解決策が見えない時に思いつきやすい行為であり、とにかく現実から逃げたいという心の叫びのようなものです。しかし、そういった場合に現実逃避をしたところで全てを忘れられないことは自身でも理解しているのではないでしょうか。

そのため、「現実逃避をしたい」というのは「休みたい」「元気を取り戻したい」という気持ちに置き換えることができるのかもしれません。大切なのは現実逃避をした後に自分が何を得たいのか?という結果であり、それによって適切な現実逃避の方法は異なります。

現実逃避はあまり良くないものと捉えられてしまうことが多いのですが、上手く活用すれば心身共にリフレッシュすることが可能です。そのためにも、自分が現実逃避の末に得たいものをしっかりと考え、それに沿ったプランを立てるのが大切と言えるでしょう。

欲しいもの別「現実逃避」の方法!現実逃避を有意義な時間にすることはできるのか?

そのように、現実逃避というのは「しても意味がない」ものではなく、計画的に「するべきもの」であると言えるようです。しかし、同じ現実逃避をするにしてもそれを有意義な時間にできるかどうかは、ちゃんと目的に沿ったプランが立てられているかどうかによります。

ここでは、どのような場合にどのような現実逃避を行えば良いか、そしてそのコツ等を見ていきたいと思います。現実逃避を悪いものと認識するのではなく、上手く活用するといった姿勢が大事です。

「考える事をやめたい」知らない所へ行ってみる!知らない場所は新鮮で忙しい

まず一つ目に「考えるのをやめたい」際の現実逃避の方法として、知らない場所へ行ってみるということを挙げたいと思います。知らない場所を訪れることで新鮮な気持ちになるのは勿論、それ以外にも思考を停止させるための様々な効用を発揮してくれるでしょう。

特に着目したいのは、知らない場所を訪れることによって通常より多くの判断が求められるという点です。知らない場所であれば馴染みの店もありませんし、道も分かりません。そのため、細かいことにも逐一判断を要し、余計なことを考える暇もなくなるのではないでしょうか。

無駄な思考をやめるためには、逆に考えることを増やしてしまうのがお薦めです。それ以外にも、旅先で出会った風景や旅情によって心が癒やされるといった効果も大いに期待できるでしょう。

「良い解決策が欲しい」寝る!睡眠は良いアイデアをくれる偉大な先生

「良い解決策が欲しい」場合はいっそのこと問題を棚上げしてぐっすりと眠ってみるのはいかがでしょうか。眠ることで頭がリフレッシュして物事を俯瞰的に捉えることができるようになり、延々と悩んでいた問題に新たな解決方法が見つかるかもしれません。

そもそも、何かしらの問題に悩んでいる時は心身共に疲弊してしまっているため、良いアイデアが浮かびにくい状態に陥っています。そのため、どうしても期限が迫っているもの以外は明日の自分にタスクを投げてしまうことも一つの手です。

睡眠には脳の記憶領域を整理する効果がありますので、ひとまず散々悩んだ後は美味しいものを食べて眠ってしまいましょう。その間に脳が自動的に情報を整理してくれ、適切な答えを導き出してくれるかもしれません。

「感情をリセットしたい」好きな事を好きなだけする!好きな事はやり直しへの近道

そして、「感情をリセットしたい」場合は好きなことを好きなだけしてみてはいかがでしょうか。感情をリセットするというのは嫌なことを忘れてしまうのではなく、ネガティブな感情をポジティブな感情で上書きすることに他なりません。

そのため、感情をリセットするには好きなことを好きなだけ楽しむ必要があります。それによりネガティブな感情がある程度上書きされますので、何かをやり直したいと思う場合はそれが一番の近道になるのではないでしょうか。

ネガティブな感情を完全に自助努力で振り払うのは大変難しいことです。人間は忘れたい忘れたいと思っていることほど記憶に深く刻まれてしまいますので、それらにフォーカスし過ぎるのは逆効果になってしまうでしょう。

そうではなく、ポジティブな感情と時間の経過によって自然と上書きしてしまうことをお薦めします。

現実逃避はただの逃げではない!現実逃避がもたらす大きなメリットとは?

現実逃避というのは逃げの一手と捉えられることも多く、現実逃避をすると「根性なし」のレッテルを貼られてしまうこともあるかもしれません。しかし、戦略的に逃げるべきところというのは確実に存在しますし、そのような時に根性で踏みとどまっていてもロクなことはありません。

現実逃避を上手く活用することによって次に進むための精神と気力を得ることができます。人間社会というのはそうそう自分に都合良く回っているわけではありませんので、疲弊した心身をしっかりとリフレッシュすることも世の中を渡っていくために必要なスキルと言えるでしょう。

それでは、現実逃避がもたらしてくれるメリットをもう少し詳しく見ていきたいと思います。

「こんなこともある」と思える自分になれる 開き直る力をくれる

現実逃避をして苦難を乗り切ることができれば、多少のことは「こんなこともあるさ」と開き直ることができるようになるでしょう。人間は苦労の数だけ磨かれるという言葉がありますが、「苦労」というよりは「苦労を乗り越えた数だけ」と言った方が正しいように思います。

開き直る力を鍛えることができれば、それは同時に心の回復力が増すことも意味します。精神的な回復力が高まれば例え心に傷を負ったとしてもすぐに立ち上がることができるようになり、落ち込んだ時のタイムロスを短縮することができるでしょう。

そのためにも現実逃避を上手く使いこなす必要があります。現実逃避の使い方を誤ってしまうと逃避したまま戻って来られなくなる可能性もありますので、しっかりと未来に繋がる現実逃避を行うよう心掛けましょう。

「またやるか」と思える自分になれる 新しい活力が湧いてくる

上述した通り、現実逃避を行うことによって心身の回復に努めることができます。そのため、何かに失敗した時や深手を負ってしまった際に適切な現実逃避を行うことによって「またやるか」という活力が沸いてくるでしょう。

そのため、「現実逃避したい」という気持ちが沸いたら無理に否定しない方が良いかもしれません。傷ついている時に無理に自分を奮い立たせてもあまり良いことはありませんし、余計に心身に負担がかかってしまい、下手をすると心や体を壊してしまう恐れがあります。

休む時はしっかりと休み、現実逃避をする際にはしっかりと行い、心身を立て直すことが大切です。その結果失った意欲を取り戻すことができ、傷つく前以上の力を発揮することができるのではないでしょうか。

現実逃避は充電期間!現実逃避をしたいという気持ちは、現実に立ち向かうという決意

現実逃避に関して様々にご紹介させて頂きましたが、もしかしたら現実逃避というのは脳や体の防衛機能なのかもしれません。どのような人でも生きていく上で打ちひしがれてしまうことはあり、もう立ち直れないと思ってしまう出来事もあるでしょう。

しかし、現実逃避をしようと考える人は、このままでは今後やっていけないと感じているから現実逃避を選択するという見方もできます。それは自分の人生をまだ諦めておらず、生きることや仕事に対するモチベーションが完全には失われていないことを意味するのではないでしょうか。

本当に立ち直れない人は現実逃避という選択肢を持たず、そのまま現実に呑み込まれてしまうことが多いようです。そのため、もし現実逃避という選択肢が頭をよぎるのであれば、それは現実に立ち向かうという決意の現れなのかもしれません。

まとめ

現実逃避というのは一般的にはあまり良いものとは見做されていませんが、適切に行えばエネルギーを充電することができます。人生には様々な出来事があり、時には意気消沈し荒波に呑まれそうになってしまうこともあるでしょう。

そのような時にこそ上手に現実逃避を行い心と体を守ることが大切です。心身というものは一度壊れてしまったら取り返しがつかず、もし病気等になってしまったら治療するために長い年月を要してしまう恐れがあります。

そのような最悪の事態を防ぐためにも適宜ケースに応じた現実逃避を行い、傷ついた心をこまめに回復させましょう。人生に起こる諸問題に立ち向かうためには健康な心身が必要なのは言うまでもありませんが、健康な心身を得るためには体や心が発するメッセージを正しく読み取り、適切な休養や現実逃避が必要です。

あわせて読みたい!