職場の悩み

気遣いのできる人の特徴とは?気遣いができな人との違いとは?

仕事や趣味などで人が集まり集団行動を行うと気遣いが必要になってきます。他人を気遣うことで人間関係をより良くして周囲の人たちと共により楽しい時間を共有することが出来ます。

気遣いのできる人は相手を気にかけてさりげない言動でも他人を傷つけないように注意を払い、相手の迷惑にならないように行動します。特に困っている人を見るとさりげない気遣いを見せる人は非常にスマートですね。

見ていても気持ちのいいものですが、いざ自分が気遣いをされてみるとその優しさに思わず感動してしまった、などという経験のある方も多いのではないでしょうか?このような細やかな気遣いのできる人に憧れますね。

気遣いのできる人とはどういう人の事を言うのでしょうか

気遣いのできる人とは相手の気持ちを汲み取ることが上手である上に、相手のして欲しい言動を行うことの出来る人の事を言います。

例えば、思いやりのある人は相手の気持ちを汲み取り共感できる人の事を言いますが、この思いやりを持ちつつ相手に会わせて適切な行動をとることが出来る人が気遣いのできる人だと言えます。

また、仕事では効率よく行えるようにあらかじめ不足しそうな物品や必要な道具などを準備しておくいわゆる段取りが上手くできる人の事を言ったりもします。この場合には仕事の先まで読んでいますので、例えば経験の浅い新人がいるなどの不安要素があればあらかじめフォローを行ったりもします。

一般に気を遣うためには状況を理解する必要がありますので、状況をしっかり把握し瞬時に適切な判断を下しますので頭の回転が速く、さらに自分を律することもできます。その上にあまり自分が前に出ずに、後ろで控えめにしていますがいざ行動を起こしたときには嫌みが無く角が立ちません。

また、さりげない優しさを持ち合わせておりますので言葉や行動が優しさに基づき行われます。このような言動は優しさから相手の事を思いやって行われ心の癒しになりますので、辛い時には気遣いのできる人に傍にいて欲しいですね。

思わずなるほどとうなってしまう気遣いのできる人の具体例

気を遣うことが非常に上手い人には特徴があります。つまり相手の気持ちを推し量り、相手の望む言動を取れる、もしくは周囲の空気を読み空気を壊さないように適切な振る舞いができるということです。これは状況を把握できる上に先の事を見通す高い知性を持っているだけではなく、人を思いやる心を持つ余裕がありますのでこのレベルに到達するには知性のみではなく様々な経験と努力も必要になります。

相手の気持ちになって考えてみて、この状況は自分だったら悲しいし中途半端な優しい言葉をかけられても逆効果だと判断すれば何もせずにそっと立ち去りますし、一緒にいて欲しいだろうと思うと一緒にいます。

気遣いのできる人の取るべき行動とはどんなこと?

気遣いのできる人の行動の例を挙げてみます。引きつった表情で忙しく動き回っている同僚がいて一目見ていっぱいいっぱいの状況だとわかります。同僚が困っていますので、このような時には何かしら自分にできる事があれば手伝いたいものですね。

しかし、中途半端に手伝われると逆に有難迷惑となってしまいお互いに気まずい思いをしてしまうこともあります。こんな時に気遣いのできる人は相手の現在の仕事状況を見て限界に近いと感じると、まずは何をすれば相手の負担を減らしてあげられるだろうと考えます。つまり、最も適切と思われる仕事を分析してその仕事を集中的に手伝います。

例えば、パン屋でレジ打ちと品出しが一気に押し寄せたときに、同僚がショーケースにパンのない状態を見ながらレジ打ちで精一杯でした。そこに気遣いのできる人がやってきてその状況を見ると、間違いなく何も聞かずに早急に品出しを手伝うことでしょう。

いっぱいいっぱいの人に質問するという手間を取らせずに「ここは任せて」と一言言って同僚が最もして欲しい手伝いをします。そこで何をすればいいか同僚に聞いたり同僚が一人でもできるレジ打ちを手伝ったりすると気遣いのできる人とは見られないでしょう。つまり、頭の中で最も効率的なやり方を考えて適切に選択しているとも言えます。

気遣いのできる人になるために気を付けたいこと

気遣いのできる人になると周囲から尊敬されることでしょう。しかし、尊敬されたいがために気遣いのできる人になろうとするのではなく、自然体で気遣いのできる人になりたいですね。

周囲から尊敬されたいというのはある意味下心でもありますので、尊敬されたいと思う気持ちの裏返しが出てしまうと、自分は気遣いをしているのになぜ尊敬されないのか?という気持ちにつながりかねません。ですので、人間性を高めてより善い人間になり良い人生を歩むために気遣いのできる人を目指しましょう。このためには日々の行い、考え方からしっかりと見直していく必要があります。

気遣いが出来るようになるためにはまずは精神的な余裕を持つことが大切です。例えば仕事ができる人は精神的に余裕がありますので周囲を気遣うこともできます。そして相手の立場になって物事を考えてみましょう。相手の気持ちを汲み取れないと相手を慮った気遣いは出来ません。

また、見返りを求めないことも大切です。先ほど申しましたように、見返りを求めるとその裏返しの言動が出てしまいがちですので、感謝などの見返りは期待せずに、日常生活の一環と考えられるような余裕を持つことが望ましいですね。

これが当てはまると残念な気遣いのできない人の特徴

最後に気遣いのできない場合について書いてみます。簡単に言うと気遣いのできない人は気遣いのできる人の反対となりますが、基本的に相手の気持ちを考えることが出来ない、もしくは考えない人を言います。これは多くの場合は気遣いがどういうことか分からないために気遣いが出来ていないと感じられると思います。

人の心を感じ取るにはそれなりの人生経験が必要になりますので、特に若い人は人生経験も少ないので気遣いを期待するのは少々酷な話だと思います。若い人から気遣いをしようとする姿勢が見えると嬉しくなるもので、気遣いの気持ちが感じられれば多少の気遣いが出来なくとも目を瞑ることも余裕のある大人の気遣いですね。

一方で、下心を持って相手に接する人も中にはいます。この場合は見返りを期待していますので、見返りが期待できないとわかると掌を返すような態度になってしまい、このような人に遭遇すると思わず驚いてしまいます。

特に悪意を持って人と接する人にはげんなりしてしまいます。例えば気遣いをしているふりをして他人に近づき他人の粗探しをし、その内容を陰口として言いふらすような人も世の中にはいます。

職場でこのような経験をした方は多いのではないでしょうか?このような人たちは気遣いのできる人とは正反対の気遣いのできない、しない人たちです。つまり、何かしら下心を持って接してくる人が当てはまりますので、できれば関わらないようにしたいところです。

まとめ

気遣いをすることは特に明文化されているわけではないので義務ではありません。中にはそもそも気遣いをしないという人もいます。それは人それぞれの生き方ですので、そのような人生を選択しても何も悪くありません。

しかし、気遣いをして生きる人生と気遣いをしない人生、どちらがより幸せか、もしくはより自分の人間性を高めるか、またビジネスにおいて有効かなど考えて判断するとよいでしょう。

一般論としては、気遣いが出来た方が人間関係も良好になりますし、相手が喜ぶ姿が見えると温かい気持ちになります。相手を気遣い、必要な時に温かい手を差し伸べてあげる、そのような優しさと人の気持ちを思いやれる人間性を持って人生を生きることは素晴らしいことだと思います。

より良い人生を生きるためにも気遣いのできる人になってみませんか?

あわせて読みたい!