メンタル

虚栄心の特徴と克服法!虚栄心を克服したい人がまずやるべきこと3つ

人は誰しも、程度の差はあれど「自分を良く見せたい」という思いがあります。コンプレックスを抱えていない人なんてほとんどいませんし、誰もが知らないところで自分自身と戦っているはずです。

「自分を良く見せたい」と感じるのは決して悪いことではありません。ただ、その気持ちが行き過ぎたあまりに『虚栄心が強い人』になってはいませんか?虚栄心が強い人のほとんどは自覚がなく、周りの人は『気づいている場合がほとんど』です。

この記事では、虚栄心の特徴とその克服方法について紹介していきます。

虚栄心の正体は「自信の無さ」!自分を認めないことによって表れる自己防衛策

虚栄心が強い人の根本には、「自分に自信がない」というコンプレックスがあります。自分への自信のなさを受け入れることができず、それをごまかすために自分を大きく見せようとします。

これがクセになってしまい、無自覚のうちに自分のなかで自分の存在が大きくなっていきます。一度クセになってしまうと、なかなか治りにくいのも虚栄心の特徴です。あなたは、自分の物事を大げさに話し、他人を威嚇するような言動に心当たりはありませんか?

虚栄心の強い行動を続けていれば、周りからの信頼をいずれ失ってしまいます。これから組織のなかで生きていくうえで、治しておかないといけないことです。そのためにも、まずは「虚栄心がどんなコンプレックスからきているのか?」を知りましょう。

虚栄心を克服するには?克服に繋がりやすい意識と行動の特徴は何?

先ほど、「虚栄心は自分の自信のなさから生まれる」とお伝えしました。まずはそのことを自覚し、虚栄心の強さを確実に克服していきましょう。

虚栄心の克服のためには、あなた自身が持つコンプレックスを正しく把握し、それに向き合う必要があります。このコンプレックスに向き合わない限り、虚栄心を克服できることはありません。

これからは、あなたの持つコンプレックスを解消するために必要な『3つのステップ』を紹介していきます。実際にこのステップを実行することで、改めてあなた自身と向き合ってみましょう。

コンプレックスの追求 自分が何について自信がないのかを知る

まずは、「自分が何について自信がないのか?」を知るところから始めましょう。コンプレックスを正しく把握することで、虚栄心の克服に近づけます。

ここでは、正直に自分と向き合ってください。「こんなこと思っていたら恥ずかしい」や「こんな自分は情けない」と見栄を張るのは厳禁です。そのようなことでは、コンプレックスをずっと抱えたまま過ごすことになります。厳しい言い方ですが、正直に考えてみましょう。

ここでオススメなのは、紙に書き出すことです。ノートやメモ帳に書き込むだけでもかまいません。書き出すことで、考えがまとまりやすくなり、「自分が何にコンプレックスを感じているのか?」が見えやすくなります。

頭のなかでグルグルと考えを回していても、なかなか考えがまとまりません。まずはあなたが感じていることを、正直に書き出してみてください。

コンプレックスへの対策 それはどうすれば自信が持てるようになるのかを考えてみる

次は、先ほど出したコンプレックスは「どうすれば解決できるのか?」を考えましょう。できる限り具体的に、実行できる範囲で対策を出してみてください。

例えば、『仕事ができない』というコンプレックスの場合、

「なぜ仕事ができないのか?」

→未経験の分野を担当しており、知識が足りていないから

「どうすれば知識を増やせるのか?」

→現場の人に聞く/書籍を読むなど…

というように、原因となっているコンプレックスから深掘りしてみてください。そうすることで、次にするべき行動が明確になります。

なかには、どうしても解決できない問題もあるかと思います(生まれ・学歴など)。その場合は、解決するためというよりは「どうすればコンプレックスを感じなくなるのか?」を焦点において、あなた自身の考え方をどうシフトしていけばいいのかを考えてみましょう。

コンプレックスの改善 実際に自信を持つための行動を起こす

最後は、先ほど挙げた『対策』を実行しましょう。せっかく、コンプレックスを知って対策を立てていても、実行しなければ全く意味がありません。

まずは、できることから始めましょう。いくらコンプレックスを早く解消したいからとはいえ、焦るのは禁物です。そのコンプレックスは長年あなたが抱えていたもの。そう簡単に解消できるものではありません。

行動を起こす際は、コンプレックスを解消した自分を想像することをオススメします。解消した後の自分を想像できれば、その分やる気も出てくるはずです。

実際にコンプレックス解消への行動をとることで、コンプレックスを抱えていた自分自身を受け入れることにも繋がります。まずは小さいことから、少しずつコンプレックスを解消していきましょう。

虚栄心を捨てられる人の特徴は「克服したい」という気持ちを持てること!

虚栄心が強い人は、「本人にはその自覚がない」ことが多く見られます。自分では自覚がなく、他人からも指摘されない場合がほとんど。自分だけが気づいておらず、どんどん言うことが大きくなり、いずれ周りからの信頼をなくしてしまうのです。

もし、今あなたが「自分は虚栄心が強いかもしれない」と気づけたのであれば、虚栄心を克服するための1歩を踏み出したと言っても過言ではありません。「虚栄心が強いから克服したい」と感じるだけでも貴重なのです。

心から「克服したい」とあなたが思えば、大半の場合は虚栄心を克服することができます。コンプレックスを知り、その対策を実行できれば克服はグッと近づくはずです。周りからの信頼を失ってしまう前に、少しずつ克服できるようにしましょう。

まとめ

虚栄心が強すぎると自分を大きく見せる行動や、相手を貶めるような行動を無意識のうちにしてしまう可能性があります。結果、あなたは周りからの信頼を失ってしまうでしょう。

虚栄心の根本には、自身の持つコンプレックスが潜んでいます。このコンプレックスを知ることこそが、虚栄心の強さを克服するための『カギ』となります。

虚栄心が強い人の特徴は、「本人にはその自覚がないこと」です。どんなに優秀な人でも、どれだけ謙虚な人でも、「自分を良く見せたい」という気持ちを持っています。ただ、それをうまくコントロールしているのです。

最初はできることからでかまいません。焦らず、少しずつコンプレックスと向き合い、虚栄心の強さを克服していきましょう。

あわせて読みたい!