メンタル

日々の充実感につながる!自分に合った仕事のストレス解消法の見つけ方!

仕事をしていると、人間関係や残業や苦手な仕事などで知らないうちにストレスがたまっているものです。たまったストレスをあまり気にしない方も多いのですが、うまく解消できずにストレスが増大していくと、体力的にも精神的にも疲弊しストレスによる様々な病を患ったり、最悪の場合は死に至るケースもあります。ストレスを解消することで、適度に疲労感を緩和でき、充実感を持って日々の仕事に取り組むことができるようになります。単なるストレスと侮らず、しっかりとストレスを理解し、自分に合ったストレス解消法を見つけていきましょう。

ストレスのためすぎは危険!ストレス解消法がわからない人が陥ることって何?

仕事において職場の人間関係にも問題なく、特に悩んでいることもないため、「自分はストレスとは無縁だ!」と考えている方でも、ただ仕事をしているだけでストレスは蓄積されていきます。長時間のパソコンやスマホの使用、長時間の打ち合わせや会議、日々の残業等、仕事のあらゆる場面でストレスは溜まっていきます。日々のストレスに気づかなかったり、ストレス解消法がわからなかったりして、日々の仕事のストレスをため込んでしまうことによる弊害を確認していきましょう。

「イライラ」や「モヤモヤ」で業務効率が上がらない!

何故かわからないけれど、イライラしてものにあたったり些細なことで誰かに声を荒げて怒ってしまったり、気持ちがモヤモヤして仕事がなかなか進まなかったりした経験はありませんか?実はその原因は知らず知らずのうちに蓄積されたストレスかもしれません。一般的に、ストレスが溜まっていると、ストレスによる疲れから、集中力がなくなったり、短気になったり、投げやりになったりと、ネガティブな考え方しかできなくなってしまう傾向があるようです。ストレスをため込むことはデメリットでしかありません。仕事の業務効率も上がらず、本来の自分自身の力を出し切ることができなくなります。仕事での最高のパフォーマンスを発揮するためには、ストレス解消が必要不可欠なのです。

甘く見てはいけないストレスによる体調不良!

ちょっと疲れていると思った時の体調不良を甘く見てはいけません。ストレスが原因で喘息やアトピーや円形脱毛等を発症することもあります。また、重いものを持ったり姿勢が悪かったりして起こる腰痛も実はストレスが原因だったという場合もあります。もちろん全ての原因がストレスによるものであると断言はできませんが、ストレスは、そういった症状の原因の一つになっていると思われます。仕事以外でもストレスを感じることは多々ありますが、一日の大半を仕事に費やしている方であれば、間違いなくストレスの多くは、仕事によるものでしょう。 体調不良を感じたら、通院することはもちろんですが仕事のストレスを疑い、なるべく仕事に費やす時間を抑えストレスから逃れることを心がけましょう。

自分に合った仕事のストレスを解消できる方法って何?

ストレスの感じ方やストレスを感じる度合いは人によって様々です。過度のストレスを回避し仕事の効率を上げたり、ストレスによる体調不良に陥らないようするためには、日々のストレス解消対策が必要となります。ストレス解消対策と言っても、面倒なことや継続して続けられそうにないストレス解消法を選んでも意味がありません。気軽に継続して行えるということがポイントです。無理せず気軽に実行できる自分に合ったストレス解消法を見つけていきましょう。

自分はストレスを抱えているということを認識する!

まずは、ストレスを抱えているという自分自身の「認識」を持つことが重要です。ストレスを認識することくらい簡単に誰でもできることですし、誰でもわかっていることですよね。しかし、ある日突然ストレスにより円形脱毛症になったり体調不良を起こしてしまうたっことはありませんか?それは、日々の忙しい生活や仕事の中で、ストレスという存在をついつい忘れてしまうからです。個人差はありますが、人は普通に仕事をしているだけでも、多少のストレスを抱えているものです。

仕事で商品の納期や提出資料の締切に追われていたり、集中して仕事に没頭していると、いつしかストレスという存在を忘れ、自分が気づかないうちに過度なストレスが溜まってしまい、それが原因で体調不良や精神疾患に陥ってしまうというケースは、ストレスによる疾患の典型的なケースです。常に頭の片隅にストレスという存在を認識していれば、ストレスにより身体に少し異変が起きた時、迅速にストレス解消への対応を取ることができます。

人間関係のストレスは自分自身の考え方を変えてみる!

仕事でのストレスの代表格とも言えるのがこの人間関係によるストレスですが、人間関係によるストレスを多く抱えていると感じている方はまず、自分自身の人間関係に関する「考え方」を変えていく必要があります。まずは、人間関係でストレスを抱えている理由を考えてみましょう。「相手と合わない」とか、「自分の思い通りに相手が対応してくれない」、「自分の意見の方が絶対に正しいのにわかってもらえない」等、人間関係を形成する相手に対しての不満がストレスに繋がっていることとがほとんどだと思います。

相手の気持ちや考えを変えるということは非常に難しいことです。まずは、人によって様々な考え方や価値観があるということを理解し、自分の意見や考えが受け入れてもらえないこともあるということを理解しましょう。そうすれば、相手との意見の食い違いや考え方の相違にストレスを感じることはなくなります。逆に相手と考え方や意見が合致したときは、今まで以上の喜びや充実感を得られるかもしれません。

根を詰めすぎない!休憩を取りながら仕事をする!

膨大な仕事を任され、気が遠くなってしまうことってありますよね。それだけでストレスが溜まりそうですが、そんな時でも仕事を計画的に行っていくことでもストレスは軽減できます。余裕をもって仕事の時間配分や期日をしっかりと設定し、計画を立てて仕事を進めていくことがストレス軽減のポイントとなります。仕事の時間配分や期日を決めていく中に、適度な休憩や休日もしっかりと設定することにより、ストレスも解消され、仕事も効率よく進めることができます。

設定した期日や時間配分に反して「もう少しで終わりそうだから休憩無しで仕事を継続しよう!」などと思う時もあるかもしれませんが、しっかりとした計画を立てていればいるほど、その考えはストレスとなります。集中力を持続できる時間は限られていますので、休憩抜きに仕事を進めることにより業務効率が落ちることも考えられます。ストレス軽減や業務効率を考えると適度な休憩は重要です。

知人や友人に愚痴をこぼしたり相談したりして不満を吐き出す!

ストレスを一人で抱え込むことも、ストレスをため込み体調不良に陥る方の特徴です。ストレスを解消するためには、「ストレスを吐き出すこと」も重要なポイントです。「他人に聞いてもらってもいいアドバイスなんてもらえない」「自分の辛い状況は自分にしかわからない」と思う方もいらっしゃると思いますが、重要なのは「不満を吐き出す」ことです。確かに誰かに話したり相談したりしても、現状は変わらないかもしれませんが、不満を人に話すことによって「気持ち」が楽になります。

「病は気から」というように、気持ちが楽になるということはストレス解消につながります。会社の同僚や、親しい友人、あるいは家族等できるだけ「聞き上手」で自分が話していて落ち着く人に、不満を聞いてもらうようにしましょう。その中で、根本的なストレスを解消できるようなアドバイスがもらえればなおラッキーですよね。

仕事とは別の楽しみを作りその日まで頑張る!

「仕事ばかりしていて、何の楽しみもない」という方は、まさにストレスが溜まる一方です。仕事以外の「楽しみ」を作り、その「楽しみ」に向かって頑張って仕事をすることにより、仕事をするモチベーションが上がり業務効率も上がります。楽しみは何でも構いません。週末に彼女とデートを計画したり、好きな映画やコンサートに行ったり、美味しいものを食べに行ったり、人それぞれ楽しみも違いますから、自分の仕事のモチベーションが上がるような楽しみを設定しましょう。

楽しいことを想像すると、気持ちが晴れやかになってきませんか?暗い気持ちでいると、どうしてもネガティブなことばかり考えてしまいがちです。ストレスを吹き飛ばしてくれるよう最高の楽しみを設定し、日々のストレスを解消し、日々の仕事のモチベーションアップにつなげていきましょう。

まとめ

仕事をしている以上、多少のストレスは付き物ですから、ある程度のストレスは覚悟しなくてはなりません。適度なストレスは、仕事の充実感や達成感を高めてくれるスパイスにもなり得ます。例えば、企画会議のために、遅くまで残業し、懸命に資料を揃え、プレゼンでの緊張感に耐え、自分の企画が採用されたとします。遅くまでの残業や資料の準備により体力的に疲れストレスが溜まり、プレゼンの緊張感でも精神的なストレスが発生しているはずです。しかし、自分の企画が採用されたことにより、今までの苦労やストレスの分だけ充実感や達成感は高まるはずです。

もし採用されなかった場合でも、飲みに行ったり、別の楽しみでその時まで溜まったストレスを解消させれば、ストレスを次の仕事の活力に変えることができます。ストレスを上手に付き合うことができれば、日々の充実感に必ずつながって行きます。注意しなければならないのは「過度のストレス」です。モヤモヤやイライラで仕事効率が低下したり、体調不良になる前に自分に合ったストレスとの上手な付き合い方を確立していきましょう。

あわせて読みたい!