メンタル

強靭な精神力を得るために手軽にできるメンタル強化方法!

日々求められる難易度の高い業務。強いプレッシャーが当たり前のように降りかかる現代社会では、強靭な精神力を持った人材が求められています。社会人なら誰しも精神力を求められるシチュエーションに遭遇したことがあるはずです。

「お前はもっと成長するべきだ!」「何でこんなこともできないんだ!」上司からの強い言葉にたじろぐのではなく、精神力でバネにしてより高いパフォーマンスをできるようにするにはどんなポイントがあるのでしょうか?

今回は、強靭な精神力を磨く方法を紹介します。

ストレス社会を生き抜くために求められる強靭な精神力

現代人は、仕事・プライベートを問わず、様々なストレスが襲いかかってきます。通勤ラッシュや帰宅ラッシュ、会社の飲み会や友達との会話など、対人関係における様々な場面でストレスがかかっています。

人によっては気が付かないうちにネガティブな思考に陥ってしまい、うつ病を始めとする精神病になってしまう人も決して少なくありません。そんな現代社会を生き抜くためには、ストレスに負けない強靭な精神力が求められます。

ストレスの感じ方は人によって異なります。そのため全く気にすることのない人もいれば、友人からの軽いジョークでも心に深い傷を受けてしまうこともあるんです。沢山の人間と関われば関わるほどストレスが増える確率も高まります。強い精神力は、現代社会を生きる上で大きな1つの武器と言えるでしょう。

強靭な精神力は目標を決めることで強化できる

「もっと心の強い人間になりたい!」そう願っても、具体的にどんなことをすれば精神力を鍛えられるのか理解できている人は少ないのではないでしょうか?そんな時は、まず目標を決めてみることをおすすめします。

目標は、仕事・プライベートを問わず自分が達成したいことに対して設定してみてください。「いつまでに○○ができるようになる」と具体的な目標を決めることで精神力はグンッと高めることができるんです。

例えば、友人からの飲みの誘いを断れず自己嫌悪に陥っている人でも、新しい目標を持てば「今日は○○の件を進めなきゃだからまた今度ね!」とキッパリ断ることができます。目標を達成するためなら、周りからのストレスにも強くなるんですね。

毎日10分の瞑想で精神力を鍛える

精神的に強くなりたい方におすすめなのが瞑想です。有名なビジネスマンや著名人なども実践する瞑想は、リラックス効果が得られるだけではないんです。瞑想にはストレスに強くなる科学的な証明もされています。

瞑想をすると頭の中から脳内物質が分泌されます。やる気をアップさせる「ドーパミン」や精神安定に大きな効果がある「セロトニン」集中力や爽快感が満たされる「β-エンドルフィン」など複数の脳内物質が分泌されます。

現代人はリラックス効果のあるセロトニンが出づらい傾向にあると言われています。すると自律神経のバランスが崩れてしまい、うつ病などの精神病になってしまうんです。精神安定効果抜群の瞑想は、現代人にとって誰もが始めるべき週間とも言えるでしょう。

大事な選択を迫られた時はあえて辛い道を選ぶ

精神的に強くなりたいと思っても、いつも楽な道ばかり選んでいるようでは内面から強い人間になることは難しいでしょう。何かを成し遂げたいと思った時は、時に自分が辛いと感じる道を選択することも大切なんですね。

精神的に強い人間は、過去にどこかで精神力を問われるような経験をしているはずです。特に人生を左右するような重要な分かれ道で「楽」を選ぶか「その先に広がる未来」を選ぶかで、その人の強さや魅力に大きな差が開くでしょう。

自分にとって辛い道を選択すれば「もしかしたら楽できるかも」という甘えや「面倒だな」というネガティブな発想は必要なくなります。覚悟を決めて進路を選択するのも精神力を鍛える1つの方法なんですね。

フィットネスは体だけでなく精神力も鍛えられる

「心身共に」という言葉があるように、精神力と体力は強く結びついています。体を積極的に鍛えるフィットネスを実践する人の中には精神力が強い人が多いんです。それは「体を追い込む = 精神を追い込む」ことだからです。

体が「まだいける!」と言っているにも関わらず、頭で「もうやめた」と指示を出してしまえば、そこで終わってしまいます。体を限界まで追い込むためには、強靭な精神力が必要なんですね。長距離マラソンなども同じことが言えるでしょう。

日常生活で全く運動を行っていなかった人は、定期的に体を動かすことで「心身共に」健康な人間を目指すことができます。強靭な肉体と強靭な精神力は、常に比例している存在になっています。

強靭な精神力を持つ人は論理的思考も得意

精神的に強い人間は、物事を論理的な思考で捉える人が多いです。精神的に弱い人の多くは、目の前に急遽立ちはだかった壁を見て「なんじゃこりゃ!」となります。しかし、論理的思考ができる人は、壁を乗り越える具体的な方法を考えます。

物事を漠然と捉えてしまうと「もうどうにもできない」と嘆くばかりですが、論理的な思考を持てば、実はほとんど全ての問題が解決可能であるということに気が付きます。結果として「問題に怯えなくなる」ので精神的にも強い人間になれるんですね。

問題を解決できると知れば、ただただ「嫌」としか思えなかったストレスも「解決できるもの」として人生を楽しむ材料に変えることができるでしょう。人によって感じ方が違う背景には、このような考え方の違いもあるんです。

強靭な精神力を保つには頼れる仲間を作ることも大事

精神を安定させるには、1人でいることはおすすめできません。失恋した時などに1人ではいても立ってもいられずに、仲の良い友人のところへ駆け込んだ経験はありませんか?1人では孤独すぎて耐えられない悲しみも誰かといることで薄めることができるんですね。

これは仕事・プライベートを問わず言えることなんです。精神を安定させるには、頼れる仲間を持つことが非常に重要です。ストレスは対人関係の中から生まれてくるものですが、精神を安定させるためにも対人関係が作用してくるんです。

自分のことを理解してくれる仲間がいれば「何か起きても友人が助けてくれる」と勇気を持って行動することができます。「自分は友達なんていらない」そんな風に思ってしまう方は精神的にも危険な状態にある可能があります。

成功をイメージすることで精神力を強化する

強靭な精神力を持つ人は、自分の目標を決める時に「成功した自分」をイメージできていることが多いんです。成功までの道のりの中で、どんな苦労があって、どのように壁を乗り越えていったのか。明確にイメージできれば目標に近づくための行動も明らかになります。

何をする時でも同じですが、行動に対して具体的な行動をイメージできた人とそうでない人では、結果が大きく異なるんです。行動がイメージできていれば辛い時期も乗り越えやすいでしょう。何もイメージできていない人は、急な衝撃に非常に弱いです。

任された仕事を全うするには、どのような行動が必要でしょうか?これらを時間軸に沿って明確にイメージしていくことができれば、目標達成の確率を上げることができます。「大事な場面で失敗したくない…」そう感じる方はイメージ力を強化してみてください。

強靭な精神力はポジティブシンキングから始まる

精神を安定させる根本的な要因は、ポジティブシンキングから始まっていると言っても良いでしょう。「小さなことで落ち込まない」「考えすぎない」そんなシンプルな考え方や気の持ちようで、人生の質は大きく変化していきます。

ネガティブな思考では、全てが不安要素になってしまい臆病な自分を更に嫌いになってしまうでしょう。精神的に強いというのは、根本的にポジティブ思考にあり考えすぎずに行動にフォーカスすることと言えるかもしれません。

今まで、責任感のある任務を任された時に「怖い」「自分にはできない」という気持ちしか生まれていなかった人は、ネガティブ思考の疑いが強いです。今一度フラットな目線で自分のことを振り返ってみると良いでしょう。

まとめ

今回は、強靭な精神力を獲得するためにできることを紹介しました。現代社会では、メンタル強化を個人レベルで行うことは、最早常識と言えるかもしれません。物事の見方や捉え方で見えている景色が変わってきます。

精神的に強い人間を目指すには様々な方法がありました。目標を定めてみたり、体を鍛える、瞑想をするなど手軽に始められるものばかりです。特別なツールも必要なく精神力を高めて行けるので試さない手はないですね。

ストレス社会に押しつぶされ、笑顔が素敵だった人間がうつ病になってしまったり、ハツラツとしていた人から覇気がなくなってしまうなんてことも少なくありません。物事の見方を変えて強靭な精神力を手に入れられるようになりましょう。

あわせて読みたい!