メンタル

あなたの自信を取り戻す5つの考え方!絶対にできる方法を解説します!

仕事での失敗や上司や先輩に怒られたりすることにより、自信を無くすことは誰もが経験されていると思います。今回は、そんな自信をなくしたときに自信を取り戻す方法を紹介していきます。

自信は必ず取り戻すことができます。しかし、自信を取り戻す方法を知らない方は、自信を取り戻すことに時間がかかってしまい、自信がない気持ちが沈んだ状態を長く過ごすことになってしまいます。

自分に合った自信を無くしたときに立ち直る方法をしっかりと把握し、自信を無くしたときは一刻も早く明るい自分を取り戻すようにしましょう!

どうして自信を失くしたのかをしっかりと把握する!

自信を持つということは、読んで字の如く「自分を信じる心」を持つことです。自信を無くしてしまったときは、自分はどうして自信がなくなったのかをしっかりと把握することが自信を取り戻すためには大切です。

「何もかもうまくいかない」等の曖昧な理由で自信を無くしてしまうケースもあります。この場合は、まず自分自身は何が原因で自信を無くしたのかをしっかりと把握するようにしましょう。

自信を無くすことによって沈んだ気持ちになり、酒に溺れたり自分を責めたりをと、自信を無くして良いことは一つもありません。自信を無くすことは無駄な時間を生むだけです。

自信を無くした理由をはっきりとさせて、その無くした自信を早く取り戻しに行きましょう。

失くした自信を取り戻す5つの考え方とは何か?

失くした自信を取り戻す考え方を5つ紹介していきます。先に確認した自分自身が自信を無くした理由を考えながら、自分自身が自信を取り戻すため最良の考え方見つけていくようにしましょう。

自分自信を責めても、酒を飲んで生活を荒らしても、自信を取り戻すことはできません。無くした自信を取り戻すためのポイントは、自信のある自分をイメージし自信があった自分を思い出すことです。

自信を無くして沈んだ気持ちの中では大変な作業かもしれませんが、有効な方法はこれしかありません。力を振り絞ってイメージし思い出してみましょう。

自分を否定することをやめて「自己肯定」を行う!

まずは自分を否定することをやめましょう。「自分はもうだめだ!」「一生立ち直れない!」「自分が嫌いだ!」と自分自身を卑下することは、自信の意味である「自分を信じること」と正反対のことをしていることになります。

落ち込んでいる中でも力を振り絞って自分を肯定できる要素を見つけていきましょう。例えば、仕事の詰めが甘く業者に発注した商品の数量を間違えて上司に怒られ自信を無くしてしまったとしましょう。

失敗したことは怒られるべきことですが、間違えたことに気付いた時点ですぐに上司に報告し、上司の力を借りて何とか発注数を訂正することができ結果的に会社の損害には至らなかった場合、「ミスをすぐに上司に報告したこと」と「結果的に会社の損害には至らなかったこと」は自分自身を肯定する材料になるはずです。

このように、小さなことでも自分を肯定する材料を見つけて自信を取り戻すきっかけにしていきましょう。

固定観念を取り払い「できる自分」をイメージする!

「自分にはできない」や「自分には無理だ」といった固定観念や思い込みが原因で自信を無くしているケースもあります。この場合、過去に受けた批判や失敗経験が自分自身の固定観念や思い込みを作り上げているため、簡単に取り払うことができません。

解決方法としては、ひたすら「できる自分」をイメージすることです。例えば、プレゼンで緊張して失敗して自信を無くしてしまったとしましょう。

はじめは自分がプレゼンしている姿を思い浮かべると失敗するイメージが浮かび、「だめだ!できない!」と思ってしまうことでしょう。

しかし、改善点を探し成功することを何度も何度もイメージすることによって、徐々に自信が戻ってきます。より具体的にイメージし、自分の頭の中に「できる自分像」を創り上げていきましょう。

失敗から逃げない!原因を突き詰めて考えてみる!

自信を無くしてしまった原因の出来事は、何度も何度も思い返してしまうものです。何度も思い返してその都度落ち込んでいるのであれば、いっそのことその原因を突き詰めて考えてみましょう。

なぜ自信を無くしたのか、どうすれば自信を無くさずに済んだのか、また同じような状況になった時にはどう対応したらよいのかを突き詰めて考えていくと答えが見つかり、それと同時に自信も取り戻すことができます。

思い返して落ち込んでばかりでは何も解決しません。失敗から逃げずに突き詰めて考えることにより何らかの答えや解決への糸口を見つける努力をしてみましょう。

過去の成功体験を思い出しモチベーションを上げる!

自信を取り戻すためには、過去の成功体験を思い出し、モチベーションを上げていくことも自信を取り戻すための効果的な方法です。

人は何かしらの成功体験を持っているものです。「これまでの人生はずっと失敗の連続だった!」と嘆いている人でも、思い返してみると小さな成功体験は必ず見つかります。

その過去の成功体験の詳細を思い出してみましょう。勇気をもって行動したことや思い切った決断、それによって得られた喜び等を事細かに思い出し、そうした過去の成功体験を振り返り自信を取り戻すきっかけにしていきましょう。

過去の成功体験を思い出すと、「自分はまだやれる!」といった自分を信じる気持ちを取り戻すことができます。

自分には必ず長所がある!自分で自分を褒める!

自分自身のことを一番理解しているのは自分です。その一番の理解者である「自分」が自分の長所を知らないわけがありません。自信を無くしたときは、把握している自分の長所や自分の好きなところをとことん褒めてあげてましょう。

自分で自分を褒めるという行為は、少し抵抗があるかもしれませんが、これは一種の「マインドコントロール」なのです。自分で自分に暗示をかけることにより、自信を無くしていた自分のことがだんだん好きになっていきます。

自分が好きになるということが自分を信じることに繋がっていき、やがて自信を取り戻すことができるようになります。

取り戻した自信を簡単に手放さない方法とは何か?

先に紹介した方法によって取り戻すことができた自信も、仕事の失敗等により再び失う可能性があります。そこで自信を簡単に手放さない方法や自信を失くしてもすぐに立ち直れる方法を紹介します。

できれば自信を無くして沈んだ気持ちにはもうなりたくないものです。自分の自信を確固たるものにしていくためには、自分自身を強化したり、自信を無くしてもすぐに立ち直れる環境を整えておくことが大切です。

自信に満ちた明るい毎日を保つためにもしっかりと準備をしていきましょう。

自分の特徴を理解し自分の得意分野を伸ばす!

自分に自信を持っている人は、自分の得意分野をしっかりと把握していて、「自分にはだれにも負けない得意なものがある!」という絶対的な自信が土台となり、様々なことに積極的にチャレンジすることができます。

一方で「自分には何のとりえもない!」と嘆いている人は、絶対的な自信を持つことはできません。

まずは自分の特徴を把握し、自分の得意分野をどんどん見つけていきましょう。そしてその得意分野の中から「これだけは自信がある!」というものを見つけて、その得意分野をさらに伸ばしていくために努力することを心掛けましょう。

決して得意分野をたくさん持つ必要はありません。1つでも自信のある得意分野があるという事実が大きな自信に繋がるのです。

他人に相談したり力を貸してもらえる環境を作る!

自信を無くしたときに一人でいると、気持ちがどんどん暗くなり更に自信がなくなってしまう経験がある方は多いと思います。自信を無くしたとき早く立ち直るためには、誰かに相談したり話を聞いてもらったりすることが大切です。

例え明確なアドバイスがもらえなかったとしても、話を聞いてもらうというだけで気持ちが落ち着き、暗い気持ちも解消されていきます。

自信を無くした暗い自分でも受け入れてくれる仲間、そして受け入れてくれる環境を作っておくことで、「失敗しても受け入れてくれる居場所がある!」という安心感が生まれ、多少の失敗でも落ち込まず自信を失わない強い気持ちに繋がっていきます。

まとめ

自信を取り戻すこととは「再び自分を信じること」です。仕事のミスや失敗そして過去の失敗を思い出しやる前から諦めてしまうことで、「自分を信じられない」状況に陥ってしまった自分をいかにして信じるのかがポイントになります。

自信を取り戻す方法は今回ご紹介した様々な方法がありますので、自信がなくなったときは自分に合った方法で一刻も早く自信を取り戻すことを心掛けましょう。

また、早く自信を取り戻せるような考え方を身につけておくことはもちろんですが、自分に確固たる自信をつけるための自分自身の得意分野を見つけて伸ばしていくこと、そして自信を失ったときに受け入れてくれる仲間や居場所を作っておくことも大切なことですので、しっかりと確認しておきましょう!

あわせて読みたい!