メンタル

自尊心は今日から高められる!自尊心を高めるに必要な3つの思考とは

「自尊心」という言葉を、あなたは今まで意識したことがありましたか?自信、プライドなど似た意味を持つ言葉ならあっても、自尊心はなかなか意識しない言葉です。この自尊心という言葉を自分に当てはめようとした時に「言葉は知ってるけど、どういうことだっけ?」と戸惑ってしまう人は、現在自尊心が低くなっているのではないでしょうか?今回は「自尊心を高める時に、まずやってほしいこと」についてお話します。見えないものを高めるのは難しく感じるものです。でも、今すぐ誰にでもできることはちゃんとありますよ。

自尊心とは?ありのままの自分を受け入れて大切にする心が自尊心

自尊心と言うと「雰囲気はわかるけど、具体的には?」と考えてしまいますよね?自尊心をなじみ深い言葉で表すなら「自信」です。正しい自信を持つ心が自尊心ということです。「正しい自信」というのは、過信や自惚れではなく、ありのままの自分を正当に評価して受け入れることで、それを自分の拠り所として自分を大切にすることと言えるでしょう。

この自尊心が無い、または低いと誰かと比較して自分を責めたり、自分のことを大切にできずに自分で自分を傷つけるようになってしまいます。自尊心を高めることができれば、自分の失敗や短所も受け入れられるようになります。これは人が前に進むためには欠かせないことです。「こんなところもあるのが自分だ」と受け入れることで、自分を否定せずに自信を持つことができます。

まずはこれからやってみる!自尊心を高めるのは自分自身?

「自尊心を高めたい」と思った時に、あなたはどんな方法を取りますか?「自信を持って」と自分に言い聞かせたり、自分を大事にしようと心に決めたりするのではないでしょうか?どちらも方法としては間違っていません。目指すところはそこです。しかし、今現在自尊心が高くない状態でそれをすると、現実の自分とかけ離れすぎているように感じてしまうものです。「自尊心を高める」というゴールを果てしなく感じて「やっぱり自分には無理だ」と諦めてしまいやすいものです。そんな時は「今からすぐにできる」ことから始めてみましょう。

自分の気持ちを無視しない 自分がしたくないことはしないと決める

自尊心が低い人は、何かにつけて自分を我慢させてしまいます。「自分が我慢すれば良いのだから」という考えです。これからは「自分がしたくないと思ったことはしない」と決めてしまいます。これはあなたの気持ちを解放するためです。あなたの周りに「やりたくない」という気持ちを上手く言い変えている人はいませんか?「ちょっと難しいかな」とか「これなら〇〇さんの方が得意だからお願いしてみる」など、やりたくないことを上手く回避している人はいるはずです。それを身につける意識をしてみましょう。やんわり断る、代替え案を出すということで回避することは十分に可能です。自分の気持ちを無視するから自尊心が低くなります。ポジティブな気持ちだけでなく、ネガティブな気持ちも尊重しましょう。

完全になろうとしない 人は不完全だからそれぞれに魅力がある

社会とは不完全な人の集まりです。不完全だから誰かと協力していろんなことを乗り越えていきます。何をもって「完全」と言うのかは人それぞれですが、その完全が何を指していたとしても、完全な人は存在しません。だから良いのです。人がみんな完全だったら、みんな同じ人になってしまいます。社会に同じ人は二人要りません。みんなそれぞれ不完全な部分が違うから魅力的です。自分ができないことをできる人はステキだな、と思うでしょうし、相手ができないことを自分ができたらちょっと気分がいいですよね。それもお互いが不完全だからできることです。完全ではない自分を責める必要はありません。増してや、完全になろうとすること自体が不可能であり、不必要です。

他人の言葉は「意見」として受け止める 決して「絶対」ではない

自尊心が低い人は、その自信の無さによって人の意見に左右されやすいものです。「それじゃダメだ」と言われたら「そうか、ダメなんだ」と決めてしまいます。その人にとってのダメとあなたにとってのダメは同じですか?他人からの言葉は「意見」として受け止める程度にしましょう。誰に言われたことでも「絶対」ではないのです。「あなたにとってはダメなんだね、わかった、参考にするね」という程度に留めて、自分にとってはどうなのかを考えてみてください。考えた結果、あなたも「それはダメだ」と思うことであれば、その人と意見が合ったというだけのことで、それが違ったとしても良いのです。どんなに近しい人でも、その人はあなたではありません。

「やって良かった」と言える!自尊心を高めることであなたには良いことが起こる

「自尊心を高めたい」とは思っても、実際に目に見えるものではないし、どうなれば正解なのかもいまいちピンと来ない人もいるのではないでしょうか?でもそれは「今」だからです。これからあなたが自分を大事にしながら毎日を暮らすことで、あなたにとって良いことが起こります。それは「毎日が楽しくなる」ということです。「そんなことか」と思いましたか?では、あなたは今、毎日楽しいですか?自尊心が高まると、自分をありのままに受け入れることができます。どんなことを考える時も、どんなことをする時にも「自分がそうしたいから」という理由だけで十分となるのです。とっても身軽です。自分が思うままに、どんなことでもできそうな気がしてきます。あなたの毎日は必ず変わります。その時が、あなたの自尊心が高まった時です。

まとめ

「自尊心」は「自分を尊ぶ心」です。自分で自分のことを「尊い」と感じる心が自尊心です。「尊い」とは、価値が高い、大変貴重という意味です。「自分は価値の高い、大変貴重な人間だ」と感じることができる人のことを「自尊心が高い人」と言います。大人になると、誰かに褒められても「社交辞令だろう」「お世辞だろう」とうがった見方をしやすいものです。増してや自分で自分を尊ぶということは、最初からできる人の方が珍しいのかもしれませんね。でも、人は結局自分からの評価が一番うれしいのです。なんの駆け引きも気遣いもない、それでいて自分のことを一番良くわかっている「自分」に認めてもらえるというのは、生きていく上での大きな指針となります。自尊心を高めましょう。尊ぶに値しない人はこの世にいません。それをあなた自身が認めるだけで良いのです。

あわせて読みたい!