職場の悩み

頑張ってるのに評価が低い!会社に評価されない人が持つ5つの特徴

「こんなに頑張ってるのにどうして評価されないの?」と感じている人も多いのではないかと思います。頑張っているのに思ったほどの評価を得られない場合は仕事をするのが億劫になってしまい、時に転職を考えるきっかけにもなるでしょう。

この記事では、頑張ることと評価の間の関係性、そして会社から評価されにくい人の特徴等を見ていきたいと思います。頑張ることと評価されることの間には、一体どのような関係があるのでしょうか?

頑張りというのはあくまでも個人の主観にしか過ぎない

誰かから「仕事を頑張っているか?」と問われると、大半の人が「頑張っている」と答えるのではないかと思います。仕事を頑張っているかどうかというのはあくまでも個人の主観によって判断されるものであり、本人が頑張っていると感じていればそれがそのまま真実となります。

しかし、社員を適切に評価しなければならない会社側としてはそのような曖昧なものではなく、確たる基準を設けなければいけません。個人の主観によって評価が決まるのであれば、実際の能力や成果より「頑張っている」という意識が強い人の方が評価されてしまい、それでは様々な弊害が生じてしまうでしょう。

そのような事態を避けるためにも、会社側としては適性な基準を設け、従業員を適切に評価する必要があります。

「頑張ってるのに評価が低い!」と感じる場合は、客観的な分析が必要かも

個人の主観による評価と第三者からの客観的な評価が乖離してしまうのは、そう珍しいことではありません。「頑張っているのに評価が低い」と感じてしまう場合は、まず自分の主観による評価が本当に正しいのかどうかを改めて分析する必要があるでしょう。

「頑張る」という行為が意味するところは人によって異なります。ある人は残業することを頑張ることだと認識しており、またある人は目に見える成果を上げることを頑張ることだと認識しているかもしれません。

そのように、「頑張る」という言葉は非常に曖昧なものであり、何を以て頑張っていると表現するかは個人の主観の範疇になってしまいます。そのため実際の評価との乖離が生じやすく、人によってはそれを不満に感じてしまうこともあるでしょう。

そうならないためにも、まずは自分で自分を適性に評価できているか、そして自社ではどのような人材が評価に値するのかを一度分析してみることをお薦めします。

会社に評価されない人の特徴にはどんなものがある?

では、続いて会社に評価されない人の特徴を見ていきましょう。社員の評価基準というのは会社によって大きく異なるため、どのような人が評価に値するのかを一概に判断することはできません。

しかし、会社というのは利潤を追求する組織であるという前提から、評価されにくい人の特徴をある程度推測することは可能です。あくまでも一般的な話に終始しますが、会社に評価されない人には下記のような特徴が見られるのではないでしょうか。

能力やスキルは申し分ないものの、対人トラブルを起こしがち

能力やスキルは基準を超えているものの、対人トラブルを起こしがちな人は評価されにくい傾向があるようです。会社というのは一つのチームであり、個々が自分の得意なことを活かし、互いに協力し合うことで結果的に社会に貢献して利潤を得ることができます。

そのため、一社員の能力やスキルが基準値を超えていたとしても、全体として見ればそれはあくまで些細なことです。それよりは、能力やスキルに多少欠けていたとしても、周囲と協調して良い連携を生み出すことのできる人の方が重宝されるでしょう。

また、対人トラブルを起こしやすいということはコミュニケーション力が低いと見なすこともできます。コミュニケーション力というのは基礎的な能力の一つと言われていますので、それが欠けているようでは能力が申し分ないとは言えないのかもしれません。

上手く周囲と協調できず、一人で仕事を抱え込んでしまう

上手く周囲と強調できず、一人で仕事を抱え込んでしまう人も会社としては評価しにくい対象でしょう。前述した通り、会社というのはチームで利潤を追求する存在ですので、基本的にはチーム全体の生産性を向上させなければなりません。

しかし、一人で仕事を抱え込んでしまう人は、どこかに「仕事=自分のもの」という認識があるのではないでしょうか。自分のものであるからこそ自分で処理しなければ気がすまず、結果的に周囲と協調することなく一人で抱え込んでしまうことになるのかもしれません。

また、周囲と協調するだけのコミュニケーション力を発揮できず、結果として仕事を抱え込んでしまうという例もあるでしょう。そのような場合もやはりコミュニケーション力の欠如と見なされることになり、会社から良い評価を得られないのではないでしょうか。

仕事を自分の判断で進めてしまい、連絡や相談を行わない

仕事を自分の判断で進めてしまい、上司や関係者に連絡や相談を行わないという人も会社からの評価は得づらいでしょう。繰り返しになりますが、会社というのは全体的な生産性を上げ、それを利益に繋げなければなりません。

そのため、各部署や各人が抱えている仕事はなるべく全体へ見える化されていることが好ましく、率先してそのような取り組みを行う人は評価の対象となるでしょう。しかし、自分が抱えている仕事に対する連絡や相談を行わない人はその真逆であり、全体への貢献度が少ないと見なされても仕方ないのではないでしょうか。

連絡や相談といったコミュニケーションは会社内での血流のようなものであり、滞ってしまうと様々な弊害が生じてしまうでしょう。

成果は出しているものの、それをアピールするのが下手

成果はしっかりと出しているものの、それをアピールするのが下手な人も会社からの評価を得づらい傾向があります。これに関しては一概に本人が悪いと言うことはできず、会社の評価システムの責任を問うこともできるでしょう。

しかし、会社のシステムというのはそう簡単に変わるものではないため、こちらから歩み寄ることも大切です。もし自分の成果が十分に周知されていないようであれば、面談の時にでもしっかりとアピールし、自分が何を達成したのかを伝えておいた方が良いでしょう。

アピール力もまたコミュニケーション力の一つと言えますので、それができない場合は基礎的な能力の欠如と見なされてしまう恐れがあります。過剰なアピールは逆効果になりますが、少なくとも自分が出した結果は嫌味にならない程度にアピールしておくことをお薦めします。

自分の能力を過信しすぎている。仕事は能力やスキルだけで行うものではない

自分の能力を過信しすぎている人も会社からの評価が低くなってしまうようです。自分に自信を持つことは大切ですが、自信を持つことと自分の能力を過大評価することはまた別の話になりますので、能力やスキル面は正しく把握しておいた方が良いでしょう。

自分の能力を過信しすぎている人は自分のレベルに合わない仕事でも構わず手を挙げる傾向があります。その結果として未消化のタスクがどんどん積み重なってしまい、最終的には手がつけられなくなってしまうということもあるのではないでしょうか。

また、正確な自己分析を行えるかどうかは、コミュニケーション力と同様に基礎的なスキルの一つと言えるでしょう。そのため、自分に自信を持ちつつも、自分のスキルや能力、性格特性等は冷静かつ客観的に把握しておくことが求められます。

評価が低いことに納得できない場合は、評価してもらえる環境を探すのも手

会社からの評価を得づらい人の特徴をご紹介させて頂きましたが、判断する方も人間である以上、それが100%正しいものとは限りません。また、評価基準も会社によって異なるため、A社では評価されなかった人が、B社では高い評価を受けるということもあるでしょう。

そのため、評価が低いことにどうしても納得できない場合は、自分が評価される環境を探してみるのも一つの手です。上手くいけば、自分の強みがそのまま評価に繋がるといった環境に身を置くこともできるのではないでしょうか。

しかし、環境を変えることが本当に評価に繋がるかどうかは冷静に考える必要があります。評価されないことが悔しくてヤケになって環境を変えたとしても上手くいくとは限りませんし、余計に酷くなってしまうリスクもあるでしょう。

実際に動く前に、自分の強みや弱み、何故自分は今の環境では評価されないのか、そしてどのような環境に行けば評価されるのかという部分をしっかりと分析しておくことをお薦めします。

まとめ

「自分はこんなに頑張ってるのに報われない」と思っている人は多く、それが転職を考えるきっかけにもなります。全ての人を平等に評価できるシステムがあれば問題は解決するのでしょうが、今のところそのような万能な評価基準はなく、それぞれの会社が独自の評価基準を設けて各人を評価しています。

独自の評価基準を設けている以上、どうしても会社によって基準の差異が生まれ、人材のミスマッチも発生してしまうでしょう。より良い環境が他にあるのに、わざわざ評価されにくい場所で働いてしまうのは労使共に、そして社会的にも利益を逸失していると言えるのかもしれません。

しかし、現代ではテクノロジーの発展によりミスマッチを解消するためのサービスが次々に生まれつつあります。人は自分が評価される場所で働いた方が待遇も充実感も得られますので、それらのサービスを駆使して自分が自分らしくいられる場所を探すのも良いのかもしれませんね。

あわせて読みたい!