転職

異業種への挑戦!転職する際のポイントやおすすめエージェントは?

転職に対する考え方が変わっている現代において、今まで経験したことのない“異業種”への転職を考える方が増えています。それと同時に人手不足で悩まされている業界も多いため、未経験者でも受け入れる企業が増えつつあるようです。

ただいくら転職しやすいとはいえ、異業種への転職は簡単なものではありません。事前に知識をつけて、できる限りの準備や対策を用意しておく必要があるでしょう。

そこで今回は、異業種への転職をする際のポイントやおすすめの転職エージェントを紹介していきます。

異業種の転職は不可能ではない!未経験歓迎求人も多数

現代では転職市場がかなり活発になっています。このような状況において、専門性の高い業界は除き、異業種への転職は決して不可能なことではありません。

現に「未経験歓迎」を掲げて求人を出している企業は増えており、異業種へ挑戦するハードルは下がりつつあります。このような求人では、スキルや経験ではなく“将来性”を重視して選考がされる傾向にあることは覚えておきましょう。

ただ気をつけたいのは、「未経験歓迎」という文言には“3種類”あり、

  • 業界と職種ともに未経験
  • 業界経験はあるが、職種の経験はなし
  • 職種経験はあるが、業界の経験はなし

というパターンが挙げられます。このパターンは頭に入れたうえで求人情報を探すようにしましょう。

未経験で挑戦!異業種の転職を成功させるポイントは?

現代では、異業種への転職に対するハードルが下がっているため「挑戦したい」と考えている方は積極的に挑戦していくべきです。とは言っても、同業種への転職と比べるとハードルが高いのも事実ですので、しっかりとした準備をしたうえでの転職を意識しましょう。

その“準備”というのは、自己分析や今後のキャリアについて考えるのはもちろん、異業種への転職特有の準備もしておかなければいけません。その特有のポイントを押さえつつ、転職に対する準備を万全にしておくべきです。

ここでは、「異業種への転職を成功させるためのポイント」を紹介していきます。

転職先の業界や職業のことの知識をつけておく

大前提として、いくら“未経験歓迎”を掲げた求人に応募するとはいえ業界や職種に対する知識をある程度つけておくべきでしょう。知識がまったくない状態で選考に臨むというのは、さすがに“失礼”とも言えます。

確かに未経験歓迎の求人において、専門的な質問がされることはないでしょう。ただ相手はその業界に精通しているプロになるため、もしかすると無意識のうちに専門的な話が出てくるかもしれません。

その際にある程度の理解があれば役に立ちますし、何より“やる気”を伝える良い機会となるでしょう。もし知識ゼロの状態で面接に臨めば、「この人本当にこの業種を希望しているのか?」と疑問を持たれるキッカケになりかねません。これでは悪い印象を与えますので、事前にある程度の知識をつけておくことをおすすめします。

「なぜ異業種に?」と問いに対する理由を明確に

あなたが異業種への転職を希望しているということは、そこに何かしらの“理由”があるはずです。その理由をうまく整理し、転職先の企業に「この人は〇〇がしたいから異業種への転職をしたのか」と納得してもらうことが大切になります。

どのような転職活動においても言えることですが、この“理由”の部分がボンヤリしてしてはいけません。それでは転職先の担当者も「この人は前の仕事が合わなかったから、異業種への転職をしたのか」と感じてしまうでしょう。それはプラスイメージにはなりませんし、できる限り避けるべきです。

逆にこの理由をうまく整理して納得感のある伝え方ができれば、企業からも好意的に見てもらえるでしょう。ですので、まずは自身が考えている“理由”と正しく向き合ったうえで、相手が納得感を持つような伝え方をすることが大切です。

待遇に関してはある程度の“妥協”も必要になる

異業種への転職が実現しやすくなってきてはいるものの、やはり同業種への転職と比べると困難な道であることに変わりはありません。もちろん応募できる求人数も減ってしまうため、条件に対してある程度の“妥協”も必要になるでしょう。

当たり前ですが、過去に経験がある人材とそうでない人材を比べると経験やスキルがある人のほうが待遇は良くなります。いくらあなたに社会人経験があるとはいえ、その業種においてのあなたは“未経験者”として認識されるはずです。

ですので、自身の中で「この条件は譲れないけど、この条件ならば妥協できる」ということを明確にしておく必要があります。もちろん最初の頃は希望する条件をすべて追ってみるのも悪くはないですが、活動を進めていくうちに一定の“妥協”が必要になるはずです。

経験を「次の仕事では〇〇に生かせる」につなげる

異業種への転職というのは、ある意味ゼロからの再スタートとも言えます。いくらあなたに社会人経験があったとはいえ、あなたが目指す業種において“未経験”であることに変わりはありません。

だからと言って、「過去の経験やスキルが消えるわけではない」ということは覚えておきましょう。ですので、その経験やスキルを「この仕事ではどう活かせるのか?」という視点を持つことが大切になります。

“未経験歓迎”を掲げている求人のほとんどでは、その業種に関する経験や知識は求めていません。あくまで、その人の将来性やポテンシャルを見ているのです。ですので「前職でのスキルが〇〇に生きる、それで活躍して成長していく」というビジョンを企業に見せることで、採用を近づけるようにしましょう。

異業種への転職!おすすめの転職エージェント3社

異業種への転職のハードルが低くなっているとはいえ、求人数や待遇面も厳しく、特有の注意点など気を使わなければいけない部分が多いのも事実です。

このハードルすべてを自分ひとりの力だけで乗り越えようとするのは極めて困難なことですので、異業種の転職ではプロからのサポートが受けられる“転職エージェント”の利用をおすすめします。

そこでここでは、「異業種への転職をする方におすすめする転職エージェント」を3社紹介します。あなたに合ったサービスを利用し、より転職をスムーズに進めていきましょう。

『リクルートエージェント』国内最大手サービス

『リクルートエージェント』は、国内最大手と呼ばれる転職エージェント。他社を圧倒する量の求人数を誇り、求人の量と質ともにレベルが高いサービスと言えます。もちろんアドバイザーによるサポートのレベルも高いため、異業種への転職に関して安心して任せられるでしょう。

『リクルートエージェント』最大の魅力と言えば、やはり圧倒的な求人数とその質です。もちろん業界・職種も幅広く取り扱っているため、異業種の転職における「求人数が少ない」というデメリットを補えるサービスとなっています。

過去に転職の支援をした実績が“40万人以上”もあり、この『リクルートエージェント』でしか紹介されない非公開求人が“10万件以上”あるなど、実績や求人数において他社を圧倒しているサービスです。

『Spring転職エージェント』外資系に強みを持つ

『Spring転職エージェント』は大手転職エージェントのひとつで、特に外資系企業への転職に強みを持つサービスです。また、各種アドバイスにおけるサポート体制が利用者から好評なのも魅力的な点のひとつです。

『Spring転職エージェント』では、コンサルタントが企業の人事担当と直接やり取りをしながらのサポートをします。その担当者から「面接のポイント」や「企業の傾向」などを知れるため、より現場に近い情報を得ながら転職活動を進められるでしょう。

取り扱っている分野も幅広く、IT系やメディア、ファイナンス系などの求人情報が充実。日系の企業はもちろんですが、あなたにもし「外資系企業への挑戦も検討したい」という意欲があればおすすめしたい転職エージェントと言えます。

『パソナキャリア』実績十分の転職エージェント

『パソナキャリア』は、サポート体制が利用者からも好評な転職エージェント。「利益よりも社会貢献」を理念に掲げ、利用者一人ひとりに丁寧な転職サポートを提供しているサービスです。

『パソナキャリア』の特長というと、やはり丁寧なサポート体制が挙げられるでしょう。しかしその一方で「求人件数は25,000件以上、取引実績企業は16,000件以上」と、トップクラスの実績を持ち合わせていることも見逃せません。まさに「求人の数とサポートの質を兼ね備えているサービス」と言っていいでしょう。

取り扱っている業界や職種ともにバランスが良く、丁寧なサポートが受けられる『パソナキャリア』。異業種への転職を考えるあなたにとっては、とても心強い味方となるはずです。

まとめ

現代では、未経験である異業種への転職についてのハードルは下がりつつあります。しかし同業種への転職と比べると、条件が悪かったり特有のポイントに悩まされたりするのも事実です。

異業種への転職において、どの転職でも当てはまるようなことはもちろん、特有の注意点やポイントにも気を配らなければいけません。ですので、「なんとかなるだろう」という心持ちで転職活動を進めることは”危険”と言えます。あなたなりに準備を万全にしたうえで転職活動を進めていきましょう。

そしてその準備において、“転職エージェント”の利用がおすすめです。転職エージェントではプロから充実のサポートが受けられるため、気を配らなければいけないことに対する負担も軽減されるでしょう。ですので、あなたに合ったサービスを利用し、より転職活動をスムーズに進めていくようにしてください。

あわせて読みたい!