職場の悩み

仕事で失った信頼を回復するためには?

「働くことは生きること」と耳にすることがあります。

人生において全てではないけれど比重が高く、自分を成長させ形成していくもの。それが「仕事」であることは言うまでもありません。しかし、もしもかけがえの無い「仕事」で信頼を失ったとしたら?辛いどころの話ではありません。非常に厳しい自体に陥った時、どうしたら失った信頼を取り戻すことができるのでしょうか。

信頼回復の方法について幾つか考えてみました。

報告・連絡・相談を徹底的に行う

一度失った信頼を回復するには、以前と変わった自分を意識してもらう事が始めの一歩となります。新しく生まれ変わったつもりで、相手へ丁寧に報告、連絡、相談をするようにしましょう。その際はしつこいと思われるぐらい内容をこと細かに伝えるべき!チャンスだと思って積極的に行動してみてください。

この機会は相手の懐に入るチャンスでもあるのです。しかし説明するときは迅速かつ正確に伝えるよう注意し、相手の疑問点にも答えられるようにしておきましょう。

相手への伝え方はどうすればよいか?

報告・連絡・相談が正確に行われているかを決定するのは相手の判断によるものです。まずは感じの良い話し方を心掛けましょう。外見的には、明るい表情で物腰を柔らかくすることが大切。厳しい表情で近付かれると相手は身構えてしまいます。相手が萎縮しないように良い雰囲気作りを心掛けましょう。

そして聞き取りやすいスピードとリズムで話すように注意してください。姿勢としては、肯定的に相手を尊重しながら話すようにしてください。正しい話し方で、専門用語をあまり使わないように理解しやすい言葉で伝えることが大事です。自分ではなく相手のペースに合わせるよう伝えることが成功の鍵となります。

関係を修復するために行動をおこす

間違った判断をしてしまうのは誰にでも起こりえることで、相手もきっとそれを理解しているはずです。しかし一度相手との間に隔たりが出来た場合、歩み寄るのは困難になってしまうもの。早急に謝罪して相手との関係を修復しましょう。

始めは頑なな態度になるかもしれませんが、人の気持ちはうつろいやすく変化しやすいものです。関係を修復して一緒に良い仕事がしたいという気持ちを正直にぶつけましょう。気持ちがめげてしまわないように心を強く保ってくださいね。

しつこくならない程度に交流を試みる

気まずい関係になった相手に話しかけ、拒絶されてしまったら気持ちが萎えてしまいますよね。最悪を想像するとどうしても接触を避けてしまいがちになります。しかし傷つくことを恐れていたら何事も始まりません。

成功には多少の痛みはつきものと割り切って、自分から積極的に行動を起こしましょう。始めは仕事に関わることではなく、答えやすい簡単な質問でも良いかもしれません。とにかく関わりを少しでも持つように働きかけましょう。元々信頼を失うような行動を起こしたのは自分なのですから、頑張るしか無いのです。

何度か挑戦していくうち、相手の態度が軟化してきたらこっちのもの。どんな小さな事でも良いので、物怖じせず交流を増やしていきましょう。この時注意すべき点はしつこくしすぎないようにすること。相手の状況も省みずダラダラと話し掛けて嫌悪感を抱かせないようにしましょう!引き際は肝心です。

相手の役に立てるように考えて行動する

どんなに怒っていたとしても、自分のために動いてくれる人に対してマイナスの感情を持つ人はいません。しかしそれがうわべだけの取り繕った行動だったり、持続しなかったりでは全く何の意味も持たなくなります。どうしたら喜んでもらえるかを考えながら行動に移しましょう。

自分だけでは判断がつかない場合は親しい人にリサーチして何をすればよいかを調べるのも良策です。

良い方向に「変わった」と思わせるには

相手が仕事をしやすいようにアシストをしたり、作業が滞りなく進行できるように準備をするなど、その人の身になって「どうしたら役に立てるか」を考えて行動しましょう。以前とは違う変化を感じ取ってもらえれば、あなたを見る目が変わってくるはずなのです。

しかし、あくまでも大げさには行動せず縁の下の力持ちの精神で行ってください。あからさまな行動は小賢しく映るため、反感を買ってしまう恐れがあります。誠実かつ謙虚な気持ちで行動するようにしましょう。そうすれば確実に失った信頼を取り戻すことが出来るはずです!

信頼を失った理由を理解し、謝罪する

何か行動を起こしたときには、それが成功しても失敗に終わったとしても何らかの理由が必ずあるものです。信頼を失った理由を自分自身で理解していれば何の問題もありませんが、何故なのか理由が分からない場合は、一から遡って頭を整理しましょう。

考えても分からなかった場合は周囲に確認し、聞けそうな状況の場合は直接本人に確認してみるのも良いかもしれません。

相手に対して効果的な謝罪の方法とは?

理由が分かったら早急に相手に謝罪しましょう!問題を先延ばしにしても良いことは一つもありません。謝罪の際は言い訳をせず、潔く相手に向き合うことが重要です。誠実な態度で言葉に出し謝罪することが第一ですが、拭くそうがだらしなかったり派手すぎたりすると、真剣さが薄れて映る恐れがあります。

きちんと謝罪する気持ちがあるのなら、フォーマルなスーツかもしくは清潔感のある服装で挑んでください。緊張して作り笑いをしたり、だらしない態度をとらないように注意しましょう。

仕事で良い成果を出して見直してもらう

結局のところ、仕事で失った信頼は仕事で挽回するほかはありません。再び一緒に仕事ができるチャンスに恵まれたのならば絶対に成功させましょう。

そのためには準備、リサーチ、根回し、やる事は山積みです。自分の持てる力を最大限に振り絞り仕事に邁進してください。その熱意があれば確実に相手の見る目が変わってきます!前回のミスで失った信頼を回復できるのはもちろんのこと、以前より深い信頼関係が生まれるかもしれませんよ。

自分の努力を知ってもらう方法とは

仕事で成果を出すと言っても、それがいつの事になるのかどのぐらいの時間がかかるのかは分かりません。じっと朗報を待つよりも、それまでに費やした努力や頑張りを分かってもらいたいものです。

気づいてほしい時は、陰でコソコソ作業するのではなく視界に入る場所で堂々と行動する事が良いでしょう。朝1時間前に出社して調査するのも良し、いつもより遅くまで資料を作成するのも良し、普段とは違う自分を全面に出していけば「頑張ってるな」と一目置かれること間違いなし!効果的に演出してみましょう。

まとめ

信頼を取り戻すということは決して容易なことではありません。ですが、かつてあなたを信頼してくれていたという事実があれば、信頼を取り戻すことは不可能なことでは無いと言えるでしょう。

元々無いものを取り戻すことは不可能ですが、一度はあなたを信用し、心を預けていてくれたわけですから何とかなります。根気もいるし精神的にもきつい部分があるかもしれません。ですが逆境こそチャンスと発想の転換をしてみてください。

これを機に、以前よりも一層深い信頼関係が生まれたとしたらどうでしょう?あなたと相手は最強のパートナーになることが出来るのです。挑戦なくしては成功は得られません!強い心を持って、相手からの厚い信頼を取り戻せるよう励んでくださいね!

あわせて読みたい!