職場の悩み

仕事ができない部下はどう対応する?30代女性の場合は4つの取り組みで対処!

「仕事ができる」「仕事ができない」という言葉を巷でよく耳にしますが、できる人とできない人の差は一体どういったものになるのでしょうか。それを一概に表現することは難しいかもしれませんが、一つには「要領の良さ」という能力が関係してくるようです。

要領の良さというのは、何かをする上での手際が良いという意味になり、例えば一を聞いて十を理解することができたり、関係者とのコミュニケーションがスムーズであるといった点が挙げられるでしょう。対して、要領が悪い人というのは、整理整頓ができないため話の要点を掴むことができず、その結果理解力に劣るといった、仕事を進める上で致命的な特徴を見せてしまうようです。この記事では、そのような仕事ができない30代女性の特徴やその対処法を見ていきたいと思います。

仕事のできない30代女性の性格の特徴は?

前述した通り、仕事のできない30代女性の特徴はとにかく要領が悪いことです。要領が悪いというのは、普通の人であればスムーズにこなせることをスムーズにこなせず、よく分からない理由で仕事が中断してしまうといったことにも繋がります。その原因は人によって様々なものがありますが、上司としては簡単な仕事すらスムーズにこなせず、逐一もっともらしい理由をつけて中断、そしてあたかも自分は被害者であるかのような言動をされてはたまったものではないでしょう。では、仕事ができない30代女性の具体的な特徴を見ていきたいと思います。

ルール命で柔軟性がまったくないロボット系

柔軟性は仕事を進める上で大切な能力です。もし指示されたことを愚直にこなすしかできない人が部下にいたとしたら、上司はあらゆる事態を想定して指示を出す必要があり、下手をするとそれだけで日が暮れてしまうことになるでしょう。

要領の良い人は一を聞いて十を知ることができるため、一つの指示で十の行動を行ってくれます。ですが、要領の悪い人は一の指示を一、若しくはゼロとして捉えることになりますので、とても大事な仕事を任せることはできません。

このタイプの人は、白黒はっきりつけたがる、ルールを破ることは何が何でも許されないといった思考を持っていることが多いようです。確かにルールは意味があって制定されているものなので、基本的には守る必要があります。ですが、それだけでは仕事というのは上手くいかないようにもできているのではないでしょうか。

でも…知らなかったが多い!自分の間違いを認めない女王様系

また、何が何でも自分の間違いを認めない人も仕事ができるとは言い難いでしょう。仕事を進める上で、絶対にミスをしないということは不可能なため、ミスをした時はできるだけ早く報告し、総合的にその対処を行う必要があります。

ですが、自分の間違いを認めない女王様系の人はプライドが高く、自分がミスをしたことを周りに悟られないよう行動します。そのため、ミスが発覚した頃にはとんでもない事態に陥っていることもあり、また時間が経っているため責任の所在も分かりにくくなっている恐れがあります。

仮にミスがその場で発覚したとしても、こういうタイプの人は何かと言い訳をして自分の非は認めません。チームとしては、別に個人を責めるわけではなく、単純に同じミスを繰り返したくないから詳細を聞きたいだけなのですが、当人はチームよりも自分の方が可愛いため、なんとか責を免れようと図るようです。

喜怒哀楽が激しくて泣き出すことも…ドラマクイーン系

そして、あまりに喜怒哀楽が激しい人も仕事ができない30代女性というカテゴリに入ってしまうでしょう。仕事は様々な事象が複雑に絡み合って形成されていますので、時には自分の手に負えないことや自分の想定外のことが起きてしまいます。そういった時に冷静に対処できれば良いのですが、感情が激しい人は自分のキャパシティを超えた出来事に関しては、思わず感情を爆発させてしまうようです。

その表現方法の一つとして、ブチ切れてしまう人もいれば、号泣してしまう人もいます。喜怒哀楽が激しいというのは必ずしも悪いこととは限りませんが、できれば仕事の上では自制した方が好ましいでしょう。ですが、このようなドラマクイーン系の人にとっては、仕事よりも自分の感情の方が優先されますので、なかなか上手くコントロールすることができないようです。また、中には意図的に嘘泣きをしたり、悲劇のヒロインを演じて同情を買おうとする人もいるのではないでしょうか。

上司がとるべき言動はコレ!30代の女性に対する4つの対処法は?

さて、それではそのような仕事ができない30代の女性に対する対処法を考えてみたいと思います。会社というのは部下が上司を選ぶことができないように、上司も部下を選ぶことができません。そして、部下の出した評価はイコール上司の評価と見做されるのが会社という場所になりますので、いくら仕事ができないからといって見放すわけにはいかないでしょう。そのような場合においては、一体どのような対処法が有効になるのでしょうか。

女性が理解できるように丁寧に説明する!目的と理由を明確に伝える

まず、仕事の指示を出す際には相手の理解度をチェックしながら、懇切丁寧に説明するといったことが挙げられます。理解力の足りない相手に対しては、相手がしっかりと理解するまで仕事の目的と理由を繰り返し伝える必要があるでしょう。もし仕事ができない理由がただ単に理解力が足りないというだけなのであれば、しっかりと説明を行うことでパフォーマンスが向上する可能性があります。

なお、要領の悪い人に対しては一度言っただけで伝わると思わない方が良いでしょう。普通の人でも一度伝えただけでは物事の仔細まで把握することはできませんので、要領の悪い人に対しては特に根気強く伝える必要があります。ですが、その際はあまりしつこくなりすぎないよう注意した方が良いかもしれません。相手が自分に反感をもってしまったら余計に仕事のパフォーマンスが落ちてしまう可能性があります。

チームとなって働いていることを意識させて責任感を持たせる!

また、仕事ができない30代女性に対しては、仕事というのはチームで行うものであり、自分もチームの一員であるということをしっかりと自覚させましょう。自分の行いやミスを認めないといった態度は自分に対しては良い効果を発揮するのかもしれませんが、チームにとっては損失以外の何物でもありません。当人がチームの一員として、しっかりと責任を持って仕事に取り組むことのできるよう言い聞かせましょう。

チームとして働いている場合、そのチームの成績が振るわなければ基本的にはチームリーダーにしわ寄せがきます。そしてチームリーダーだけではなく、チーム全体の士気も下がり、余計にパフォーマンスが落ちてしまうリスクも考えられます。なるべくそうはならないよう、チームメンバー一丸となって仕事に取り組むことが大切になるのではないでしょうか。

会話を増やす&積極的にフォローして本人の向上心をアップさせる

また、会話等のコミュニケーションを増やしたり、積極的に相手をフォローして本人の向上心をアップさせるという方法も時には有効になるでしょう。仕事ができない人はどうしてもチームの中で萎縮してしまい、会話も少なくなり孤立しがちな存在です。それを防ぐために些細なことでも会話を交わしたり、本人がミスをした際でもしっかりとフォローすることで、もしかしたら心を開いてくれるかもしれません。

そして、相手が何を不安に思っているか、どうすればより仕事がやりやすくなるかといった話を聞くことも重要になるでしょう。ですが、仕事のできない人の言うことは話半分に聞き、リーダーとしてはチーム全体の生産性が上がる方法を総合的に考えることが大切です。

途中経過を随時チェック!大きなミスが起こる前に防ぐ

また、仕事ができない人には逐一手がけている仕事の進捗状況を報告させましょう。前述した通り、仕事ができない人の中には自分のミスを隠そうとする場合もありますので、そうはさせないよう隠そうとしている場合はしっかりと追求した方が良い時もあるでしょう。

社会人の基礎になりますが、報告連絡相談というホウレンソウを徹底させ、防げるものは未然に防ぐといった姿勢が大切です。仕事ができない人がミスをし、プロジェクトに被害を及ぼしてしまった場合、チームメンバーのヘイトは仕事ができない人に向いてしまいます。そうなってしまっては対処が難しくなってしまうため、プロジェクトの進捗は逐一チェックし、トラブルの種は早めに摘んで起きましょう。

まとめ

正直なところ、仕事ができない30代女性への対処は大変難しいケースが多く、一筋縄ではいかない場合も多いようです。ですが、上司としてはなるべく諦めることなく、できる限りのサポートを行い、少しでも状況の改善に努めるといった姿勢が大切になるでしょう。

そういった様子をしっかり見せていれば、最悪チームとしての成績が低下したとしても、その原因及び実際に行った対処法を上に報告することができますし、自分はできる限りの手を尽くしたと胸を張って口にすることができるでしょう。環境やメンバーを自分で決めることのできないサラリーマンだからこそ、与えられた状況下で全力を尽くすといった心掛けが大事になるのではないでしょうか。

あわせて読みたい!