ビジネススキル

あなたは大丈夫?短絡的と言われる人の特徴と5つの治し方

短絡的というのはあまり良い意味で使われる言葉ではなく、どちらかというと治した方が良い悪癖としてみなされていることが多いのではないかと思います。短絡的に物事を判断してしまうと後で痛い目を見たり、思わぬ失敗を招いてしまうこともあるのではないでしょうか。

特に仕事をする上において短絡的であるというのは致命的であり、そのような性格では大きな仕事を任せることはできないと判断されてしまうでしょう。この記事では、短絡的な性格が持つ特徴やその治し方等を見ていきたいと思います。

短絡的という言葉の意味は?単純に物事を考えること

短絡的という言葉は「深く考えることなく性急に原因と結果を結びつけてしまうこと」という意味を持ちますので、あまり頻繁に使用されるものではありません。基本的には誰かに向けて口にすると悪口と捉えられてしまいますし、言われた方も馬鹿にされている気分になるのではないでしょうか。

そのため、あまり使わない方が良い言葉の一つになるのですが、あまりにも目に余る場合はそのような言葉を口にせざるを得ない時もあるでしょう。自分が言う方であるならまだしも、もし言われた方なのだとしたら一度真剣に自己分析し、場合によっては改善に努める必要があるかもしれません。

短絡的な性格を放置していると自分も手痛い目にあい、加えて周囲に多大な迷惑をかけてしまう可能性もあるでしょう。

短絡的な特徴を治すためには?実践したい5つの方法

それでは、短絡的な特徴を治すための方法を具体的に見ていきたいと思います。短絡的な特徴を有している人は、とにかく考えなしに行動する癖が身に付いていますので、それを見直す必要があるでしょう。

時には考えなしに行動し、勢いのまま突っ走った方が上手くいくこともありますが、そうとばかりも限りません。その際、自分一人が迷惑を被る分にはまだ良いのですが、下手をすると周囲を巻き込んでしまう恐れもありますので、意識的に治すことが大切です。

すぐに行動に移す前に少し考える時間を作ってみる

短絡的な性格の人は、何かを実行する前に少し考える時間を持ちましょう。短絡的な人は基本的にせっかちですので、思いついたアイデアをすぐに実行したいという思いが強く、何かを考える時間をもどかしいと感じてしまうようです。

それが上手くいけば良いのですが、しっかりとリスク管理を行っていない場合、失敗したら取り返しがつかないこともあります。特に仕事で何かしらのプロジェクトを行っている際には、自分一人の失敗でチームの成果を台無しにしてしまうこともありますので、少し慎重になった方が良い時もあるでしょう。

そのためにも、行動に移す前に一度最低限のシミュレーションを行うことをお薦めします。もどかしい気持ちになるかもしれませんが、焦りは禁物という言葉もありますので、自分の行動が周囲にどのような影響を及ぼすかを一度しっかりと考えてみましょう。

結果や目的ばかりでなく過程について考える習慣をつける

短絡的な人はすぐに結果を求める傾向がありますので、とかく思考回路が結果論に向きがちです。確かに結果が出ることは喜ばしいのですが、結果ばかりに注視していると再現性が失われてしまい、新しいことを始める際にまたゼロからプロセスを構築する羽目になるでしょう。

それでは効率が悪くなってしまいますので、短絡的な人は結果ばかりではなく過程についてもしっかりと考える必要があります。結果というのはあくまでも過程の産物でしかありませんので、過程を改善しつづければ自然と成功する確率も高まる傾向があります。

勿論そんな簡単な話ばかりではありませんが、少なくとも過程に注視することにより自分の中に経験が蓄積されることは事実です。「Aという過程を経たらBという結果が出た」というようなデータを自分の中に積み重ねることにより、それを応用して様々なケースに対応することができるようになるのではないでしょうか。

行動する前に他の選択岐をリストアップする

また、短絡的な人は実際に行動に移す前に、他の選択肢はないかと自問自答することも大切です。望ましい結果を得るための道は一つとは限らず、もしかしたら自分がやろうとしていることよりも効率の良いやり方があるかもしれません。

短絡的な人に限ったことではありませんが、人間一度手を動かし始めるとなかなかその軌道を修正することはできません。そのため、手を動かす前に様々な選択肢をリストアップし、自分が欲しい結果に辿り着きやすい道を選択することが大切です。

行動する前に手を止め、より良いやり方を考えることによって、仕事の能率が大きく上昇することが見込めます。それをやるかやらないかの差は一回単位では大したことがないように思えますが、長期的に見ると雲泥の差がついてしまうことでしょう。

思い込みの思考をやめて柔軟に物事を考えるようにする

短絡的な人は「〜でなければならない」「〜であるべきだ」という思い込みが多く、それが物事に対する理解を妨げていることがあります。それが必ずしも不正解というわけではありませんが、変化の早い現代では5分後には正解が変化している可能性があることを忘れてはいけません。

硬直的な思考は環境の変化に弱く、拘りをもち続けている内に時代に取り残されてしまうといったこともあるでしょう。そうならないよう、なるべく思い込みの思考をやめ、柔軟に物事を考える必要があります。

柔軟性を身につけるというのは口で言うほど簡単なことではなく、思考のクセを長年かけて修正していかなければなりません。それは歳をとればとるほど難しくなってしまいますので、なるべく若い内に柔軟性を身につけておくことがこの激動の時代を乗り切る秘訣になるのではないでしょうか。

他人の意見によく耳を傾け十分に調べてから行動する

短絡的な人は他人の意見にしっかりと耳を傾け、よく下調べを行ってから行動する習慣をつけておいた方が良いかもしれません。他人のアドバイスというのは、悪意やコンプレックスからくるものは別として、なかなか的確に真実を得ていることが多いものです。

せっかく目の前に有用な真実が提示されているのに、わざわざそれを否定して自分のやり方に固執してしまうのはあまりスマートな姿勢とは言えないでしょう。上述したような柔軟性を身につけるためにも、他人の言葉には耳を傾ける癖をつけた方が良さそうです。

そして、短絡的な人がよくやりがちなミスとして、入念な下調べを行わなかったせいで高値掴みをしてしまうといったものがあります。他所で買えばもっと安く買えたのに、自分の「今すぐ欲しい」という気持ちを優先しまったがために、相場より高く買ってしまったという経験も多いのではないでしょうか。

そのようなことにならないよう、何かを実行に移す前にはしっかりと下調べを行うよう心掛けましょう。

治すと仕事の能率もアップ!短絡的な人の特徴とは?

短絡的な性格を治す方法を色々と見てきましたが、次に短絡的な人の特徴を見ていきたいと思います。基本的に短絡的な人は物事を深く考えるのが苦手であり、頭を使うよりは体を動かす方が好きという人が多いでしょう。

それはそれでアクティブで良いことなのですが、そのために思わぬミスをしたり、余計な手間が増えてしまったりするのもまた事実です。短絡的な性格を完全に治す必要はありませんが、そこに少し慎重さを加えることで仕事の能率がアップすることが期待できるのではないでしょうか。

基本的に短絡的な人の考え方や行動はパターン化していますので、なるべくそこから学び、同じミスを繰り返さないよう注意しましょう。

短絡的な人は楽観的すぎる傾向にある!物事を深く考えない

短絡的な人は楽観的すぎる傾向があり、あまり物事のネガティブな面に意識を向けようとはしません。そのため、良く言えば物事の長所にフォーカスすることができますが、悪く言えば現実逃避をしてしまいがちです。

物事には良い面もあれば悪い面もありますので、それを総合的に見て判断を下す必要があります。しかし、短絡的な人は楽観傾向で良い面のみで物事を判断してしまいますので、時には痛い目にあってしまうこともあるでしょう。

それが挽回可能であれば良いのですが、もし取り返しのつかないようなミスをしてしまったとしたらリカバリーは難しいかもしれません。そうならないよう、日常的に物事のデメリットを捉えるトレーニングを行う必要があります。

突然の行動に周囲は唖然…短絡的な人は計画性がない

短絡的な人は良くも悪くも自分の感性のままに生きていますので、その突飛な行動に周囲が唖然としてしまうこともあるでしょう。それは傍から見ていて微笑ましい時もありますが、ただただ迷惑といった感じで煙たがられてしまうこともあります。

自分一人で行動する分には特に問題ありませんが、誰かと一緒に行動している時にそのような習性を発揮してしまうと「空気が読めない奴」扱いをされてしまいます。そして、周りの人に迷惑を及ぼしてしまい、次からは一緒に行動してくれなくなってしまうかもしれません。

仕事上においても、思いつきで行動してしまう短絡的な人は周囲を辟易させ、あまり良い風には思われないでしょう。計画性というのは、時に自分の身を守ってくれる盾となります。

まとめ

もし自分が誰かに「短絡的だ」と言われてしまった場合、なるべく早い内に改善に努めることをお薦めします。上述した通り、性格というのは歳をとればとるほどに治すのは難しくなってしまうのですが、20代という若い時期であればまだ改善は可能でしょう。

短絡的というのは人間が持つ性質の一つであるため、治すことは簡単ではありません。ですが、若いうちはまだ脳が柔軟なため、日常での意識的なトレーニングを行うことによって、少しずつその効果が実感できるのではないでしょうか。

もしどうしても改善が難しいという場合、自分と反対の性質を持つ信頼できるパートナーを見つけるのも良いかもしれません。互いに足りない部分を補い合うことができれば、欠点はカバーされ、長所をより伸ばすことも可能でしょう。

その際には相手の言葉にしっかりと耳を傾け、自分と相手の異なる点を長所として認識することが大切です。

あわせて読みたい!