ビジネススキル

マネタイズ手法を使って誰でも効率的に利益を得る4つの方法

マネタイズ手法とは、ものごとを収益化する方法です。現在は基本的にインターネット上のさまざまなサービスや取引を、利益が発生するものとして構築していくことを指す言葉として使われています。

インターネット上では誰でも無料で多くのことを知ったり楽しんだりできますが、それらの一見無料のサービスで利益を出すためにどうすればいいのかを考え、収益化させるのがマネタイズ手法の大切な役割です。ざっくりと言ってしまえば、「誰もが簡単にインターネットを使って利益を得るための方法」と、なります。

マネタイズ手法4つのビジネスモデル

マネタイズ手法として、現在大きく分けて4つのビジネスモデルがあります。インターネットサービスをビジネスモデルとしてマネタイズ化する場合に、大切なものが顧客満足度です。本来無料で楽しめるインターネットを有料で利用してもかまわない。

むしろ、積極的にお金を払いたいと思わせる魅力が、インターネットサービスのマネタイズ手法には必須となります。また、それぞれの手法には向き不向きがあります。それぞれのマネタイズ手法のどれがあなたが向いているのか、それをまず考えてみましょう。

技術系におすすめな「サービス課金」

インターネットサービスのなかで、ある意味もっとも成功を収めているマネタイズ手法が、サービス課金です。1番わかりやすいのが、ゲームアプリの課金システムでしょう。

それまでゲームと言えば、買い切りの商品であり、インターネットが普及しても、アップデートサービスや、追加シナリオなどの有料サービスはありましたが、それは単なる商品の切り売りでした。

しかしスマートフォンの普及と共に、無料でゲームアプリを配り、さらなるサービスを受け取るために課金をするというシステムが構築され、サービス提供側とサービスを受ける側双方の満足度が上がったのです。

基本無料で課金による上位サービス提供というマネタイズ手法は増えています。このようなサービスには、多くの技術者が必要です。アイディア次第でより集客ができるのがサービス課金システムなのです。

組織的な経営が必要な「マッチングサービス」

インターネットの発達によって、拡大し、マネタイズ化されたものにマッチングサービスがあります。マッチングサービスは互いに必要とする相手同士を出会いに導くサービスのことで、いわゆるカップリングや、仕事の斡旋など多くの種類があります。

マネタイズ手法としては、仲介手数料を回収するというものです。マッチングサービスは、登録すれば、求める相手との出会いが容易になるということがもっとも重要な部分です。つまり、箱の大きさと集客力が大切になります。

インターネット上のサービスの場合、箱の大きさは運営規模、集客は口コミや宣伝によって賄われます。できるだけ多くの人を集めるためには大きな組織的な運営が必要です。

個人でもできる「ショップ収入」

実在の土地に、実際にお店を開くとなると、大変な苦労がありますが、インターネット上では、手軽に個人でもショップを開設することができます。これは専門用語ではECサイト、Electronic Commerce(電子商取引)サイトと呼ばれています。

もちろん大規模なネットショップが主流ではあります。Amazonや楽天、Yahooショッピングなどが有名ですよね。しかし今や個人のネットショップ運営は簡単になっています。参入しやすい環境が構築されているのです。

売りたい人と買いたい人が大勢いるインターネットという広大な市場が出現したことで、それまではショップ運営など考えていなかったような方でもマネタイズ手法を使ってショップ収入を得ることができるようになりました。

初心者におすすめのマネタイズ「広告収入」

個人でのマネタイズ手法を考えた場合、1番手軽なものが、広告収入です。ブログなどを開設して、そこに広告を組み込むだけで、宣伝費を稼ぐことができます。難しいことを考える必要がありません。

インターネットに接続できるパソコンが1台あれば今日からでもすぐに始めることができるという手軽さが、さまざまなマネタイズ手法のなかでも飛び抜けています。インターネット上の広告の種類には、アフィリエイトやアドセンス広告などがあり、実際にブログなどで目にすることも多いはずです。

大きく儲けることを考えずに、手軽さのみで言えばナンバーワン。インターネットサービス初心者におすすめのマネタイズ手法です。ただし、個人で行う場合には効率的に利益を得るのはかなり大変になります。

起業・組織に向いたマネタイズ手法

マネタイズ手法のなかで、会社組織を運営して行ったほうがいいものを、そのメリットとデメリット、どういった人材が求められるかということをまじえてご案内します。

組織によるマネタイズ手法を使ったインターネットサービスは、今後ますます増えていくジャンルと考えられます。アイディアと柔軟性を持った人材が多く求められる現場であり、発展性がある職場となっているのです。また、新しく起業する場所としても、インターネットサービスは大きな可能性を秘めています。

「サービス課金」技術者が魅力的な市場を作る

サービス課金のマネタイズ手法において、必要な人材は技術者です。特にアプリ開発能力のある技術者は、とても貴重な人材となります。なぜなら、ユーザーにとって魅力的なアプリやサービスを提供することが、サービス課金というマネタイズ手法の鍵となるからです。

魅力のないアプリやサービスでは誰も使ってくれません。ゲームアプリや会計アプリ、ダイエットアプリ、動画配信サービスなど、魅力あるアプリやサービスを開発して、より満足を得るために課金したいと思わせることが必要です。

そのためには、ひたすら魅力あるアプリやサービスを提供するしかありません。さらに技術者だけではなく、市場をよく知る人物も運営のなかに必要です。技術者や熱意のある人材が広く必要とされるマネタイズ手法モデルです。

「マッチングサービス」安全性と集客が大切

インターネットサービスのマネタイズ手法としてのマッチングサービスは、安心して使えること、利用者が多いこと、必要な相手をすぐに見つけることができるシステムが整備されていること、が大切となります。

マッチングサービスのデメリットとしては、立ち上げのときがもっとも難しいということが挙げられます。立ち上げの際の人集めに失敗すると、なかなか顧客の満足度が上がらずに利用者が減り、さらに人が集まらなくなる、という負のスパイラルに陥ってしまうのです。

ただし1度軌道に乗ってしまえば、ユーザーがシステムを利用すればするほど利益が出るので、マネタイズ手法としてはかなり優秀です。マッチングサービスの運営に必要な人材としては、サーバーやシステムの管理者、法律やネットセキュリティの専門家、などはぜひ揃えたいところです。アイディア豊富な人材も大切です。

個人で手軽に始められるマネタイズ手法

インターネットサービスのマネタイズ手法には個人で手軽に始めることができるものがあります。ただし、大きな収益を上げるのは難しいという問題もあります。個人でインターネットサービスを利用して利益を得る場合には、あまり大きく儲けるのは難しいということは覚悟しておくべきでしょう。

その上で、マネタイズ手法を使ってお小遣いを稼ぐという考え方をするなら、手軽で、誰でも始めやすい方法です。個人向けのマネタイズ手法のメリットデメリットを知っておきましょう。

「ショップ収入」大手のサービスを利用すれば簡単

個人でインターネットショップを立ち上げる場合、まずは売りたいものを決めることから始めます。在庫をきちんと用意できないと、商売は成り立ちません。販売するものが決まったら、次に利用するレンタルサーバを決めます。

専用のサーバも使えますが、個人で始めるなら大手の共有サーバが便利です。商用の共有サーバには、ショップ運営のためのツールが用意されているので、サイトのデザインや配送や集金システムも、乗っかることができます。

難しいことは考えずに商品だけ販売できるのです。ただし、ライバルが多く、同じ商品を販売するならよほど価格に自信がない限り売りにくくなってしまいます。規模を縮小してネットオークションやフリマから始めるのも1つの方法です。

「広告収入」ブログや動画配信で気軽に開始

広告収入は今やブログだけではありません。YouTuberで有名になった動画配信を行って広告収入を得る方法もあります。思い立ったらいつでも始めることができるのが広告収入のメリットです。

しかしデメリットとして、見に来る人が少ないと、ほとんど利益が出ない。つまりマネタイズ手法としては失敗してしまうということが起こりやすいということがあります。ブログでも動画でもたくさんの人が見に来てくれるようにする工夫が必要となるのです。

そのため、広告収入のマネタイズ手法を導入する方は、過激な方向に特出してしまう場合も多いという問題もあります。アイディアを精査して、多くの人を集める発想を形にできることが広告収入を得るには大切です。

まとめ

4つのマネタイズ手法についてご紹介させていただきました。起業したい、個人でインターネットサービスを立ち上げたいという方にとって、サービスをマネタイズ化するのはとても大切なことです。

現在はまだまだインターネットサービスは発展途上にあり、市場は活気にあふれています。技術や熱意がある方は、まずはマネタイズ手法を導入して成功した企業に参加して、多くを学ぶという選択も有りでしょう。

インターネットサービスのマネタイズ手法は、個人で簡単に参入できる代わりに、実際にマネタイズ化するのは難しいという問題もあります。ぜひ成功者から多くを学んで、あなたなりのマネタイズ手法を確立してみてください。

あわせて読みたい!