職場の悩み

職場の雰囲気に馴染めない要因とは?よい環境を手に入れるたった一つの対策

今の職場の雰囲気にどうしても馴染めないという方は多いのではないでしょうか。仕事の雰囲気は様々な要素により決まっていきますが、ありがちなケースが社長の影響や職員たちの偏った性別です。会社の中で影響力の強い社長の影響などは職場の雰囲気に繋がりやすいですね。また、社員がどちらかの性別に偏っている職場も独特の雰囲気になり、同姓でもこの雰囲気には馴染めないと思われる場合もあります。今回はこのような馴染めない職場の雰囲気、そしてその雰囲気を作り出している要因を考えてみましょう。

女性が多い職場の独特な雰囲気にどうしても馴染めない

独得の雰囲気のある職場でよく話題に上がるのが女性の多い職場です。男女雇用機会均等法以降、女性の社会進出は目覚ましく、現在では政治家を始め多くの女性の管理職がいます。男性社会の中で生き抜いてきた女性には強さと共に独特の包容力、母親らしさがあり男性にはない魅力的な管理職になる方も多くおられます。このような女性管理職は今後も活躍の幅が広がっていくことでしょう。一方で、デパートなど女性の従業員が多い職場では独特の雰囲気ができてしまう場合があり、この雰囲気には馴染めないと思う方も多いのではないでしょうか。この独特の雰囲気とは、やはり陰口が多いことです。

女性が多い職場ではなぜ悪口や陰口が多くなってしまうの?

女性ばかりの職場は華やかな印象を持たれがちですが、一度経験するともう二度と嫌だと敬遠する人も結構います。それは、ある人と笑顔で話しているかと思えば、その人がいなくなった途端に悪口を言いだすなど日常茶飯事で、初めて働いた時に面食らったことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。女性が多い職場がこのような雰囲気になってしまう理由は簡単で男性が少ないからです。男性に見られていると意識すると女性の悪口や陰口は減るものです。これは男性に衝動的な面が見られることと同様に、女性のこれらの行動も動物としての本能ですので仕方ありません。しかし、悪口や陰口は言われる方もまた聞いている方も嫌な雰囲気になるので控えて欲しいですね。悪口や陰口を言わないことは社会人としてのマナーの第一歩であることを念頭に置いておきたいところです。また、出来ることなら悪口のターゲットにはなりたくないですね、このためにはまずは目立たないようにして突っ込みどころを無くすことが必要です。

専門職がいる職場の中で作り出される独特の雰囲気

専門職のいる職場とはどのような職場かと言いますと、代表的な場所が病院です。医師という医療業務の中では最高の資格を持った専門職と、その医師支える看護師やレントゲン技師などの技師、そして大きな病院ですと薬剤師など様々な職種が一緒に働いています。この中では独特の上下関係ができてしまい、どうしても医師というヒエラルキーのトップを中心とした運営体制が確立されてしまいます。医師は医療業務全般を行うことが出来ますが、一方で看護師の業務は注射などの補助業務に限られますので看護師と医師との間には一種の上下関係が出来上がりやすいのです。このような状況では看護師が医師の考えに口を挟みにくくなってしまいますよね。

医療は人命を助け病気を治し、患者により健康な人生を送ってもらうことを使命にしている崇高な職業です。近年の高度な医療ではチームで働くことが必須であるため、多くの医師や看護師はお互いに尊重し合い上手く仕事をしています。しかし一部の人が偏った考えを持ってしまった場合に雰囲気が悪くなるのです。特に看護師が弱い立場になりますので、尊大な医師の下でこのような職場の雰囲気は馴染めない、さらにはこの環境で仕事をすることは難しいと思っている方もいらっしゃるかと思います。泣く泣く我慢しながら仕事をしていくかそれとも別な職場を探すのか、難しい選択を迫られてしまいます。

守らなければならない規則が多い職場の雰囲気

高い安全性が必要とされる職場でも独特の雰囲気があります。例えば工場などは手順を守らないと重大な事故を起こす可能性がありますので、定められた手順を踏んで仕事をすることが強く要求されます。これは仕事中に着用する衣服からしっかりと規定されており、安全靴や身を守るために強靭な素材で作られた作業着、そして保護メガネやヘルメットなどが一般的に使用されています。このような職場は安全第一であり、作業員を事故から守るために徹底した安全管理が行われている場合が多いです。

特に新人にありがちなケースでは、保護メガネをかけずに現場へ入場したら職長から大目玉をくらった、などもしかしてこのような苦い思い出がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。たった保護メガネくらいで、と考えてしまいますが、日々安全に目を光らせている現場の方々にすればしっかりと安全を確保して欲しい気持ちの裏返しでもあるのです。このため、危険な職場では独特の厳しい雰囲気があります。作業員たちの安全を確保してくれる、これは働く側からすれば本来有難いことですが、指摘が行き過ぎている場合には雰囲気が悪くなってしまいます。工場など危険が伴う職場で雰囲気に馴染めないと思われる一因はこのような行き過ぎのケースに起因している場合が考えられます。

この他にも職人さんの多い職場でも同様に馴染めない雰囲気を持たれる場合もあるかと思います。職人さんはこだわりを持ってお仕事をされている場合が多く、普通の人では作れないような品物を高度な技術と勘によって作り出します。よくなぜ作れるのかと言われても、職人さん自体がなぜなのか説明できない場合があり、職人の勘が生み出す職人芸と言わざるを得ません。一方で、職人さんは気難しい方も多いことも事実で、この雰囲気にはなかなか馴染めないと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。誰しも自分の仕事が認められると嬉しいものですので、馴染めないと思った場合はまずは職人さんの仕事をしっかりと尊重し、それを態度で表すことが解決法の一つだと思われます。

社長の発言力が強くワンマン経営の職場の場合

社長が職場の雰囲気を作り出すことは、中小企業や起業して長くない企業などによく見られます。一方で創業が古く何度も社長が変わっている企業などはその時の社長の影響よりも古くからある雰囲気が定着している場合があります。特に社長のワンマン経営の場合は社長のキャラクターが雰囲気に強く反映されがちです。会社は仕事をする場なので、当然社長は利益につながる結果を求めます。また、コンプライアンスの低い企業では怒鳴ることを始めとして言葉の暴力が蔓延し、さらには失敗した人には制裁を課すまでになってしまう場合があります。これはいわゆるブラック企業の典型であり、精神的に威圧することで反抗心を失わせ、さらには会社を辞めるという決断力を鈍らせて会社に留めさせようとします。このような状況ですと、社員は精神を壊してしまう可能性が高くこのようなブラック企業の存在は社会問題になっています。

言いたいことが言えずに辛い日々にただ耐えるだけの日々は辛くないですか?

人は消耗品ではありません。搾りかすになるまで搾り尽くし、搾るものが無くなったら廃棄するなどあってはならず、そのような社会システムでは不幸な人たちを量産してしまい、やがてその反動は日本政府に重くのしかかってくるのです。このような企業を放置しておくことは働く人たちのみならずその家族をも不幸にしてしまいます。一度心を壊してしまったら回復までには長い年月を要してしまいます。自分を守るためのみならず一緒に働いている同僚そしてその家族を守るためにも、会社にはルールを守ってもらう必要があるのです。このブラック企業対策には厚生労働省も力を入れており。通報窓口も用意されています。

厚生労働省では、労働基準法や最低賃金法、労働安全衛生法などに違反している企業を通報できる窓口が用意されています。また、各都道府県の労働基準監督署でも残業代の未払い、パワーハラスメントなどの相談ができます。違法性があれば責任者の逮捕、書類送検がなされる場合がありますので証拠となる書類等は捨てずに持っておきましょう。大切なことは自分を守ることですので、異常な職場であると感じたときにはしっかりと対策をたてましょう。

職場の雰囲気に馴染めないときに知っておきたい対処法

職場の雰囲気に馴染めないのは様々な要因があると思いますが、ご自身が何かしら標的になっている場合に馴染めないと思うようになるのではないでしょうか。工場などのケースでは安全に関する指摘を何度も受けてしまったら、他の人たちの目にも止まり、安全を確保できない人として厳しい目にさらされる場合があります。この際は、なぜ自分ばかりが指摘されるのか、と思ってしまうかもしれませんが、それはこれまでの指摘の積み重ねでイエローカードが出されていると思ってください。こうならないため、もしくは今から挽回するためには細かい点でもしっかりと安全に関するルールを守りましょう。さらに、何が危険であるかを常に考えて、危険な点を見つけた場合は指摘するといいでしょう。自分は安全に気を配っていることをしっかりとアピールしたいですね。

モラルの低い職場ではどのように対応したらいいのか?

陰口を言うこと、他人のあら捜しをしてそれをネタにして楽しんでいるような職場は本当に気が滅入りますね。ある人の前ではいい顔をしてもその人がいなくなれば突然豹変してその人の悪口を言いだすなど、よく見られる光景です。しかし、その雰囲気に馴染もうとしても陰口を言う仲間に入って一緒に陰口を言うなどということは、あなたご自身の人間性が低下してしまうのでやりたくないですね。このようなケースではまずはご自身の感情をコントロールし、標的にならないように隙を見せずに自分を守ることが必要なのです。

しかし、どうしても我慢ができずに改善したいとお考えの場合は立派な志をお持ちであると思います。その際はやはり同じように職場の雰囲気に馴染めない人たちを集め同志を作ることが大切ですね。そして上司に、その上司が頼りなければその上の上司に相談していきます。図らずもブラック企業に入ってしまったときには自分で悩まずに周囲や行政機関、労基関係に強い弁護士等に相談することをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?理想を語れば、人々には人生を幸せに生きる権利があると思います。仕事は人生でも占める割合が大きいので、この仕事で不幸になると人生自体も不幸になる可能性が高くなりますので、このような結末だけは避けたいですね。仕事が楽しいかどうかはある程度職場の雰囲気に依存していますので、出来るなら馴染めない雰囲気の職場ではなく、一緒に仕事をする仲間たちといい関係を築けて和気あいあいとした雰囲気の方が断然楽しいはずです。このためには、自分自身の人間性を向上させることやコミュニケーション能力を向上させることも大切になってきます。また、ブラック企業などに入ってしまった場合などは自分を守る術が必要になってきます。このため、どうしたら身を守れるのか、という知識を身に着ける必要があると共に、ブラック企業に入らないためにブラック企業を見抜く力も必要になってきます。

あわせて読みたい!