メンタル

疲れが取れない40代必見!4つの改善策ですっきり朝を迎えよう

近年、「仕事の疲れが取れない」と嘆く男性が急増しています。

そうした疲れは翌日、またその翌日へと持ち越され疲れがあることこそが普通であり、慢性化してしまう可能性も少なくありません。疲れのせいで日々の仕事へのパフォーマンスが落ちるばかりか、その疲れがあなたの健康を脅かす可能性も捨てきれないでしょう。

ただ、40代はまだまだ働き盛り。自分のためにも家族のためにもまだまだ頑張らなくてはなりません。今回はそうした40代の方向けに疲れを取る方法を3つご提案させていただきます。

40代になると疲れが取れないのには理由があった!

30代は全く問題がなかったのに40代になって疲れが取れなくなるのには、ある理由が関係していると思われます。最も有力なのは加齢による免疫力の低下でしょうか。

この免疫力の低下は疲れへの耐性も落とすことがあり、病気になる可能性も高くしてしまいます。当然、病気にかかれば疲れだけでなく、様々な症状をもたらしてしまうので注意しなくてはなりません。

免疫力の低下により20代や30代ではできていたはずの無理もできなくなり、心身ともに疲れを感じさせたりするでしょう。

また、免疫力の他にも生活習慣の乱れやストレスも疲れに影響を与える部分です。免疫力の低下同様に若い頃には対応できていた生活習慣の乱れたストレスにも対応しきれなくなり、その結果として疲れが残ってしまうことも考えられます。

最近よく眠れないのは年のせい?就寝環境の改善を!

疲れというものは眠れば治ると考える人は多くいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、年齢を経るに連れてよく眠れなくなる方や、眠っているのにも関わらず疲れが取れない方というのは増加する傾向にあります。

そういった時は「就寝環境を改善する」ことを心がけましょう。

眠る時は帰宅直後ではなく身体と脳を少し休めた後にして、眠る直前にスマホやテレビを観たりしないようにすることも大切でしょう。帰宅直後は脳が興奮する傾向にあるため、良い睡眠をとることができません。

こうした眠る際の些細な心がけはヒトのホルモンバランスを整えることや睡眠の質を高めることに繋がってきます。よく眠ることができれば、しっかりと体力を回復することができ、疲れを翌日や翌々日へと持ち越さずに済みます。

こうしたリズムを一度作ってしまえば、今後の人生にも必ず活きてきますので、ぜひ心がけるようにしましょう。

仕事による疲れが取れない人に!おすすめの4つの改善策は?

それでは仕事の疲れが取れない方のためにおすすめしたい4つの改善策をご紹介していきましょう。

これからご紹介する改善策のなかにはすでに実行しているものや、今の自分には不可能だと思えるものもあるかもしれません。しかし、そうしたことにリソースを割くことは今後のあなたの人生において大きな価値を持つことになるはずです。

少しずつでも構いませんし、できるものからでも良いのでぜひ実践していただければと思います。

免疫力を高めるためにウォーキングなどの適度な運動をする!

「免疫力を高めるためにウォーキングなどの適度な運動」を心がけましょう。常識的な話ではありますが、運動をしない方の身体はどんどんと衰え、疲れに対して弱くなってしまいます。

こうしたことを防ぐためには、どんなに簡単なものでも良いので運動する習慣を設けることが重要になってきます。ウォーキングはその最たる例ですが、エレベーターではなく階段を使う、どれだけ忙しくても週1回はジムに通うなど、皆さんの生活スタイルに合わせた運動を組み込んでいくと良いでしょう。

そうした運動の習慣が今後疲れに強いあなたを形作っていくはずです。些細なことでも構いませんから、実践できそうなものを探してみてください。

バランスのよい食事を心掛ける!サプリメントもおすすめ

「バランスのよい食事を心掛ける」ことを大切にしましょう。

食事は私達の身体に最も直接的な影響を与えるものといっても過言ではありません。その食事を疎かにし、身体にとって良いとはいえないものばかりを食べていれば、当然身体は悲鳴をあげます。

40代の方の天敵ともいえる高血圧、糖尿病、脂質異常症などに代表される生活習慣病は食生活が原因になるケースが多いです。そういった病気をしないためにも、ご自身の身体のことを考えた食事を心掛けましょう。

肉・魚・野菜などの食材をバランスよく食べたり、焼くのか揚げるのか茹でるのかなどの調理方法にも気を遣ったりするなど、改善できるポイントは多くあると思われます。足りない栄養素がある場合は手軽にサプリで補うのも賢い方法といえるでしょう。

質の良い睡眠を取る!睡眠不足の人は仮眠も効果的

すでに簡単にお話させていただきましたが、疲れを取るには質の良い睡眠を取ることが重要です。そしてこの睡眠の質は自分で意識して改善していくことが可能です。

仮に今睡眠で満足していない点が睡眠不足とするならば、仮眠を取ることが効果的といえるでしょう。仮眠にかける時間は会社の休み時間にも十分な15分程度でも身体や疲れた脳をかなりスッキリとさせることができます。午後も頭を使う仕事が待っている時などにはぜひ試していただければと思います。

もっと余裕のある時には1時間単位での仮眠も、日頃の睡眠不足を補う方法としては有効でしょう。ただ、寝過ぎてしまうと身体が重くなったり、夜に眠れなくなったりしますから、自分自身と相談しながら試していくようにすることがポイントになります。

半身浴がおすすめ!ぬるめのお風呂に30分入ってリラックス

「ぬるめのお風呂で半身浴をする」という方法も疲れを取るのには効果的な方法です。時間の目安は30分で、のぼせないように注意することが重要です。

半身浴をすることで身体が芯から温まり、リラックス効果も期待できます。また、30分という比較的長めの入浴はその日1日頑張ったあなたの頭の中を整理することにも役立つでしょう。上手くできたこと、上手くできなかったこと、次に活かすべき反省点などはその日のうちに整理しておくことが重要です。

すると、次の日に余計な考え事に脳の働きのリソースを割く必要がなくなるため、スッキリとした気持ちで新しい1日を迎えることができるでしょう。

まとめ

40代は加齢により免疫力が衰えたり、無理ができなくなったりして、日々のストレスを溜めてしまう傾向にあります。そうしたストレスはどんどんと蓄積され、いずれは病気の原因になることも考えられます。

そこで必要なのはそうしたストレスを解消し、持ち越さないようにするための対策でしょう。そうした対策としては「適度な運動をする」、「バランスの良い食事を心掛ける」「睡眠の質を良くする」、「半身浴でリラックスする」などの方法が効果的です。

どの方法も今すぐに始められるもので、忙しい生活の合間にも実践することが可能です。

もちろん、その全てを完璧にこなす必要はありませんし、できるものから行っていただければ十分でしょう。大切なのは習慣づけて生活の中に溶け込ませていくことです。それさえできてしまえば、段々とあなたはストレスに強い身体を手にすることができるでしょう。

あわせて読みたい!