メンタル

【気にしない技術】他人の意見に左右されない人間になるポイント

他人の顔色を気にするあまり、自分の意見を発言することができない。そんな悩みを持っている人も多いのではないでしょうか?「もしも、相手に嫌な印象を抱かれたらどうしよう…」と心配になって臆病になってしまうこともあるでしょう。

人の目を気にしてしまう人は余計なストレスを抱えてしまいがちです。不要なストレスから開放されるには、気にしない技術を身につけるのがベストです。そこで、今回は他人の目を気にしない技術を紹介します。

他人の目を気にするとストレスがたまってしまう

「この人は今、自分のことをどう思っているんだろう?」と不安になって、思っていることを言えずにいると日に日にストレスがたまってしまうもの。会社はもちろん、友人にも本音を話すことができないでいる自分を嫌いになってしまう人もいるでしょう。

外出時も他人の視線を気にしてしまったり、自分の服装に気を使うあまり外に出ることも面倒に感じてしまうことも…相手のことを考えることは決して悪いことではありません。しかし、あまりにも他人を気にするのは健康的にも良くありません。

ストレスから開放されたいと願っているにも関わらず、社会人なら毎日誰かしらと接しなければいけません。ストレスをためすぎると不眠症や鬱病など様々な精神病を患ってしまいます。

思っているほど人は他人を気にしていない

ここからは、他人を気にしない人間になるためのポイントを紹介していきます。1つ目のポイントは、人は他人のことをそこまで気にしていないことを理解することです。誰でもあなたと同じように考えているわけではないことを知りましょう。

「外出時の服装は綺麗じゃなきゃいけない」と外に出ることもためらってしまう人は、他人の服装を見てみましょう。セレブが集まる一等地でもない限り、夜にパジャマ姿で歩いている人は沢山いるはずです。

誰かの行動を四六時中気にするような時間を持て余している人も少ないはず。誰もあなたのことを気にしていないことを理解できれば、どんな時でも自然体でいられるキッカケになるはず。他人を気にするだけ損していると解釈しましょう。

「認められたい気持ち」を捨てれば心が楽になる

他人の目や意見を気にする人は、どこかで誰かに認めてもらいたいと思っている人も少なくないでしょう。本心では「誰かに褒めてもらいたい!」と思っていることも。綺麗な服を来て出かけてみたりするのは、他人の目を気にしているからですね。

しかし、前述したように他人はそこまであなたの服装や言動に興味を持っていません。「せっかく髪を切ったのに誰も気づいてくれない…」と嘆いても、現実は変わることはなくストレスだけが残ってしまいます。

もっと気楽に生きていきたいなら、認められたいという気持ちを1度捨ててみましょう。仕事・プライベートの両方で、誰かに認められたい気持ちを捨ててしまえば、よりスムーズに日常生活を送ることができるようになります。

自分だけのビジョンを持って目の前の仕事に集中する

会社内で他人の成績を気にして、自分に自信が持てないと悩んでいる人は、自分だけのビジョンを明確にすることをおすすめします。目標を定めて、日々の行動リストを作れば人と違うことが自然と受け入れられるようになるでしょう。

社内の目標を元に、自分にはどのようなことができるのかを考えてみてください。会社の方針とリンクしたビジョンを作ることができれば、仕事も楽しくなるはずです。行動リストが作成できたら目の前の行動に集中していきましょう。

ビジョンから導き出した日々の行動リストに意識を集中すれば、他人の視線に気を気にする暇はなくなってきます。タスクをしっかりと完了することができれば、喜びにも繋がって充実したビジネスライフを過ごせるようになります。

人と自分の意見は違うことを理解する

社内ミーティングなどで、他の社員と議論を交わすこともあるでしょう。そんな場面で「この人に嫌われたらどうしよう」という思いから、自分の意見を言えない人も多いはず。しかし、あなたと他人の意見が同じである必要はありません。

特に会議などでは、多種多様な意見を出し合うことが目的になります。人と違う意見を発言するからこそ新しいアイデアやプロジェクトが生まれるものです。人の意見に共感できていないにも関わらず、あたかも同感のような顔をしてしまうのは良くありません。

人それぞれ意見が違うことを理解できれば、気軽に発言できるようになるでしょう。発言する時は相手の意見を尊重することも忘れないようにしましょう。相手を認めながら、自分の気持ちを伝えることができれば円滑なコミュニケーションができるようになります。

人は誰かの失敗に口を出したがるもの

他人の目を気にせずに過ごしていても、時には後ろ指を刺されてしまうこともあります。一番の原因になるのが、仕事上のミスです。簡単な作業はもちろん、難しいプロジェクトの責任者を任された時のミスなどを話題にしたがる人は一定数います。

頑張っている人を後ろめたく感じて、自分のポジションを守るために悪口を言いたがる人はどの会社にもいるでしょう。しかし、そんな人間にかまう必要は全くありません。誰でも時には失敗するものです。

新しいことに挑戦した時は失敗からより多くのことを学ぶことができます。失敗をしない人間は何もしていないのと同じです。キャリアアップを目指して前に進もうと思うなら、他人からの誹謗中傷をモチベーションにしていきましょう。

不要な情報をインプットしないようにする

現代社会では、様々な情報が溢れかえっています。情報を貪るように集めてしまうと、何が正しいのか分からなくなって身動きが取れなくなることもあります。インターネット上の情報は、あなたの不安要素を膨らませる起爆剤になってしまうことも…

服装、コスメ、マナーなど多くの情報があなたの不安に入り込む隙を狙っています。情報には中毒性があるので、見れば見るほどもっと多くの情報を欲しがるようになるものです。もしも、不安から解消されたいなら不要な情報をカットすることをおすすめします。

情報のインプットを制限するには、一定期間ネット、テレビ、雑誌などを見ないようにするのが良いでしょう。本当に必要な情報は向こうからやってくるものです。インプットをしない生活になれれば、気分も軽くなるでしょう。

アウトプットを意識して行動力を高める

インプットを制限するのと同時に、アウトプットを意識することでより身軽になることができます。仕事で成果を上げるには圧倒的な行動力が必要になるはず。任された仕事を仕上げることに注力することで、他人の目は次第に気にならなくなります。

他人を気にするという行為は受動的でインプットに分類されます。1日24時間の中でインプットとアウトプットのバランスを調整することで、人間関係のストレスも減らしていくことができます。アウトプットの量を増やすと仕事の成果も伸びやすいでしょう。

行動量を増やしていけば、ミスの数も増えてきます。しかし、明確なビジョンを持って動いていれば人の意見に流されることもなくなります。目標に対して行動を積み重ねている人には、良い人間関係ができてくるのもメリットと言えるでしょう。

まとめ

今回は、他人の意見に流されないための気にしない技術を紹介しました。人は人、自分は自分ということが理解できれば、他人の目や意見に左右されることもなくなるはずです。人のことを気にしてばかりいるとストレスの原因になってしまいます。

「あの人から見た自分はどんな風に映っているんだろう?」と考えるよりも、目標を作って具体的な行動を積み重ねた方が仕事も人生も幸福度が上がっていくものです。人の目を意識しすぎると身動きが取りづらくなってしまいます。

自分が掲げた目標に対して必要な情報をインプットして、不要な情報のインプットを制限することで頭の中もクリアになりストレスにも強くなります。誰かを気にして生きるのではなく、目の前のことに集中して成果を上げていきましょう。

あわせて読みたい!