メンタル

土日の仕事が辛い!世間の為に働くことで得られるメリット3つとは?

ブライダルや旅行業界、アパレルなど土日がほとんど仕事になる業界も多いですね。夢をもって働き始めたはよいものの、年齢を重ねて20代後半から30代を迎えるあたりで休みが不規則なことで体力的な限界を感じる人も多いです。

また、世間は土日休みの人に合わせて動いているためイベントや冠婚葬祭、友達との飲み会などに自分だけ参加できない疎外感を感じることもしばしば。しかし、土日に仕事をして平日に休みを取れるメリットも実は大きいですよ。

土日の仕事の辛さやデメリット、平日に休めるメリットを紹介します。

土日に仕事をするのは辛い!世間と違うリズムで働くことで生じる「無理」

多くの人は土日休みの働き方をしているため、世間の動きもそのスケジュールに合わせています。冠婚葬祭やスポーツ、音楽のイベントはもちろん、友達と会うのも難しいですね。20代前半の頃は土日休みの人に合わせて飲み会に参加できても、20代後半が近づくにつれ体がきつくなることも。

土日に幸せに過ごす人を横目に見ながら働いていると他人の幸せのために自分の時間を切り売りしているようで精神的に疲れてくることもあります。土日の仕事の辛さをピックアップしてみましょう。

まず、友達と予定を合わせられないことです。ほとんどの友達は土日休みで働いていますから、みんながうきうきしている金曜日の飲み会も自分だけは思いっきり楽しめないことも。大事な友人の結婚式に仕事が重なり出席できないなど悲しい気持ちになることが多いです。

友達との関係と同様に難しいのが恋人との関係。付き合い始めたのはよいものの、デートの予定調整がうまくいかず自然消滅を迎える人もいます。土日に仕事がある人は、他の人に比べて恋愛のハードルが高くなりますね。

家族と時間を共有できないことも土日に仕事がある職種の大きなデメリット。夫や妻と生活の時間がずれてしまい、せっかく一緒に住んでいるのに顔を合わすのは週に数回なんていうことにもなりかねないです。予定を合わせるために努力が必要なので、余計な疲れを感じてしまいます。

子どもがいる場合には数年しかない幼少期の大事な時間を子どもとたっぷり過ごせなくなりますし、幼稚園や保育園、学齢期になってからも運動会や文化祭などのイベントに参加するのは難しいです。

イベント好きにとって、主に土日に開催されるイベントに参加できないことも苦痛ですね。世間が浮足立ち楽しい雰囲気の中仕事に行かなければいけないのは切ないもの。せっかく友達とイベントに行く約束をしていても、急にシフトが入り残念な思いをすることもあります。

土日に仕事をすることのメリット3つ!人が知らない良さもある?

ここまで、土日に仕事をすることのデメリットを紹介してきましたが、平日に休みを取れることによるメリットも多いですよ。世間の流れとは違うことで実は土日休みの人がうらやむ生活を知らず知らずのうちにしているかもしれません。

長期間土日に仕事をして平日に休むスタイルで生活をしていると、平日休みのメリットも感じなくなってしまっている人も多いです。ここで一度メリットを確認して自分にはどちらが合うか考えてみるのがよいですね。

人混みを避けられる!どこに行くにも人が多いのは疲れる

平日に休みをとれる最大のメリットはこれ。土日に行ったら混んでいる有名テーマパークや都内の有名スポットなども、平日に行ったら大した混雑もなくのびのびと過ごすことができます。ちょっと買い物に行くにしてもどこでも空いていますので快適。

人気のグルメスポットや病院など、身近なところでも平日休みなら混雑が避けられる場所は多いです。銀行や市役所は平日しかやっていないので無理なく行けるのもメリットですね。

意外と給料が良い?土日に出勤することで手当が付く企業は多い

土日出勤をすることで、休日出勤手当がつく場合や法律で定められた割増賃金になる場合もあります。土日に働くことは辛いですがその分給料が良いと考えれば我慢できる部分もあるかもしれません。

土日に働く際の手当てや割増は企業によって制度が異なりますので、転職前にしっかりと確認することが大切です。

5日連続勤務をしなくて良い!2.3日に1度休みがあるとホッとする

土日休みの人は平日5日連続で働いて土日休みというのが基本になります。5日連続で働くのは精神的にかなり辛く、水曜日の朝に「まだ3日あるのか…」とブルーな気分になることも。日曜の夜になると翌日の出勤を考え辛くなる「サザエさん症候群」が待ち構えています。

土日仕事の場合、飛び石での休みになることが多く2、3日に1度休みが入ります。疲れ切る前に休めるので連休よりこちらを好む人もいますよ。

体に負担を感じたら、土日休みの仕事へ転職するタイミングかも?

平日に休めるメリットは多いですが、年齢を重ねるとやはりデメリットの方を強く意識する人が多いのも現実。特に30代を迎えて体力的な衰えを感じた時や、結婚して家族を作ることを意識した時に転職を考える人が増えるようですね。

土日休みの仕事に転職することで、土日にしっかり休めて体力を回復できることや平日も不規則な勤務がないことで体への負担は大きく減ります。規則正しい生活を身につけて健康的に暮らしたいと思い始めたら転職を考える時ですね。

土日休みの仕事への転職活動を始めた時に大切なのが、しっかりと土日に休める仕事に絞って探すこと。土日が完全に休みの職種もあれば、日曜のみ休みの職種もあります。転職サイトを使うことで条件に合わないものを除外して効率よく探すことができます。それまでのキャリアを生かした職種に絞って探していけるのも嬉しいですね。

転職サイトを効果的に使って自分が働き甲斐を感じられる土日休みの仕事を見つけましょう。きっと、仕事もプライベートも今よりぐっと充実します。

まとめ

平日に休めることのメリットはたくさんあるものの、体のきつさに加えて世間や家族、友人と予定が合わないことの辛さから、他人のために自分の人生を無駄にしているような気分になってしまう土日の仕事。

土日の仕事を頑張る人がいるからこそ楽しく安心して過ごせる人々がいるわけですが、一度体力的にも精神的にも辛くなってしまうと続ける意欲がなくなってしまいますね。

平日に休めるメリットよりも土日勤務のデメリットを強く意識した時には、転職サイトをうまく使って自分に合った土日休みの仕事を探してみましょう。

あわせて読みたい!