ビジネススキル

頭が良くなりたい!社会人が成長するための“5つ”の方法とは?

仕事をしていると、なかなか仕事がうまくいかずに「頭がもう少し良くなればいいのに…」と感じることはありませんか?

ビジネスにおいて頭が良い人とは、学生時代に「頭が良い」と言われる人とはわけが違います。学生時代は「勉強ができる=頭が良い人」でしたが、ビジネスにおいてはそうとは言えません。

では、ビジネスマンにとって「頭が良い」とはどんな能力のことを表すのでしょうか?さて今回は、社会人における「頭が良い人」の基準や、頭が良くなるための方法について紹介していきます。

頭が良い人とは?“考える力が高く、情報を頭で整理できる人”

「頭が良くなりたい」と考える人は少なくないと思います。しかし、そもそも「頭が良い」とはどういったことなのでしょうか?

頭が良いとは、「考える力が高く、情報を頭で整理できる人」と言い換えられるでしょう。目の前で起きた出来事に対して深く考えて、情報を頭で正しく整理できるのが「頭が良い人」と言われる条件です。

頭で整理した情報を踏まえて迅速に判断・行動をするため、頭が良い人というのは、判断力や行動力も優れています。

このような力が優れていれば、仕事もスムーズに進められるため、会社からも必要な人材として認められることでしょう。もしあなたが「仕事が上手くいかない…」と感じていれば、“頭が良くなるための努力”をしてみてください。

頭が良くなりたい!考える力を高める“5つ”の方法とは?

頭が良くなることで、仕事がスムーズに進むようになるのは間違いありません。では、社会人が頭を良くするためには、どういった方法があるのでしょうか?

方法はいくつかありますが、基本的には日常的に意識できる習慣や考え方になります。できることからでいいので、少しずつ取り組むようにしてください。

では、ここからは“頭が良くなる方法”を紹介していきます。決して難しいことではないので、ひとつずつ習慣にしていけるようにしましょう。実践すれば考える力が高まり、頭が良くなるはずです。

本を読む!読書では教養と知識を簡単につけられる

頭が良くなるうえで必要な能力のひとつに、情報を読み解く力があります。この力を高めるためには、“読書”をすることがおすすめです。

本を読むことは、社会人にとって大きなメリットがあります。本の内容を知識として得られるのはもちろん、文章を読む力や想像力、情報を読み取る力など、本当に多くの力を鍛えられるでしょう。

読書をする際は、「本の内容をノートにまとめる」ことがおすすめです。人の脳には、情報を得た後にくり返し思い出すことで記憶を強くする効果があります。

また、読書においては“量より質”を意識しましょう。「今月は〇冊読んだ」と量を意識してしまうと、「本を読み終える」ことが目的になり読書の効果が半減してしまいます。

好奇心を持つ!「なぜ?」と深く考えるクセをつける

考える力をつけるうえで、物事に対して「なぜ?」と深掘りすることは大切です。常に深く考える習慣をつけることで、思考力がより強まります。

思考の深さは、仕事においてもかなり重要な要素になります。もし考えが浅ければ、不足の事態に対応ができずに、周囲からの信頼を得られないでしょう。

「なぜ?」と深掘りする習慣をつけて、多くのことに興味を持つようにしましょう。情報を整理して判断するためには、たくさんの知識を持つ必要があります。

多くのことに好奇心を持って、たくさんの知識をつけるようにしてください。知ることに喜びを感じられれば、どんどん知識がついてゆくため「頭が良い人」に近付けるはずです。

いろんな人と話す!さまざまな考えや価値観に触れる

頭が良い人というのは、情報を頭で整理して“正しい判断”ができる人です。正しい判断をするためには、多くの考えや価値観に触れる必要があります。

そのためには、多くの人と話すようにしましょう。人はそれぞれ、まったく異なる価値観を持っているため、話すだけで多くのことを学べるのも少なくありません。

できることなら、あなたが「この人は頭が良いな」と感じる人と話すといいでしょう。頭が良い人の話を聞くだけで勉強にもなりますし、「頭が良い人になりたいな」という“目標”も見つけられるはずです。

「誰と時間を過ごすか?」ということは、実はかなり重要なこと。不真面目な人と過ごせば自然と不真面目になりますし、優秀な人と過ごせば自然と優秀になるための習慣が身につくはずです。

考えをまとめるクセをつける!何かに書き出して可視化する

一般的に「頭が良くない」と言われる人たちは、考えをまとめることが苦手です。日頃から考えをまとめて、見える形にする習慣を付けましょう。

おすすめなのは、何か考えをまとめるときに「紙に考えを書き出す」こと。紙に書き出して見える形にすることで、考えをまとめやすくなるはずです。

人は、何かを見る・聞く・書くなどをすることで強く記憶をします。紙に書き出して聞いて書いて見直すと、より記憶が強くなります。先ほどもお伝えしましたが、読書などでも内容を紙に書き出すことで記憶力を高めましょう。

このことを習慣にすれば、いずれ頭のなかで考えをまとめられるようになるはずです。まずは慌てずに紙に書き出し、慣れてきたところで頭のなかで考えをまとめてみてください。

失敗を恐れない!失敗は成長のための財産になる

頭を良くするには、多くの知識や経験が必要になります。そのためにも、失敗を恐れずに数多くの挑戦をするようにしましょう。

とは言っても、失敗を「怖い」と感じる人は多いと思います。「上手くいかないかもしれない」「怒られるかもしれない」と感じるのも仕方ありません。

しかし、そこを乗り越えなければ得られない経験があります。何かしらの成功を収めている人は、どこかで必ず大きな失敗を経験していると言っていいでしょう。その大きな失敗から多くを学んで、次の成功につなげているのです。

 

最初は難しいかもしれませんが、多くのチャレンジをして、たくさんの失敗をしましょう。失敗は怖いことかもしれませんが、失敗をしない人は絶対にいませんし、恐怖心のあまりに行動できなければ元も子もありません。

頭が良くなるメリットとは?仕事においても効果バツグン!

ここまで、“頭が良くなるための方法”について紹介してきました。この方法を習慣化することで、頭がいい人を目指していきましょう。

「頭が良い=才能」と考える方も多いでしょうが、頭の良さは決して才能だけではなく努力で改善できることです。少しずつ改善していくようにしてください。

もちろん、頭が良くなることによって得られるメリットは少なくありません。ここでは、仕事における頭が良くなるメリットについて紹介していきます。

作業の効率化!ひとつひとつの仕事が早く終わる

頭が良い人は、仕事の効率がとても高いのが特徴です。多くの情報を整理するのが得意なため、周囲より効率良く仕事を進められます。

言うまでもありませんが、仕事の効率が高めるメリットは数多くあります。

  • ひとつの仕事が早く終わる
  • 空いた時間で他の仕事に取り組める
  • 使える時間が増えて“質”が高まる
  • 気持ちに余裕ができる
  • 会社から早く帰れる仕事の効率を上げることは、周囲の評価を上げて多くの仕事を任せられるキッカケとなります。多くの経験ができるようになるため、あなたの成長にも良い影響をもたらすでしょう。
  • などが挙げられ、仕事の効率化というのは社会人にとっても重要なことです。ビジネスマンであれば、必ず意識しておきたいポイントです。

コミュニケーション力の向上!やり取りがスムーズになる

対人コミュニケーションには、一見簡単に見えて多くの力を必要となります。コミュニケーションというと「話す力」に着目されがちですが、話す力だけで成り立つものでは決してありません。コミュニケーション力を向上させるためには、対応力・理解力・言語力などの力を鍛えなければならないでしょう。

頭が良い人というのは、ここで挙げた能力を兼ね備えている場合がほとんどです。事実、あなたが思う“頭の良い人”は、周囲とのコミュニケーションも上手くこなしているのではないでしょうか?

コミュニケーションを高めれば、仕事もスムーズに進むでしょう。仕事において、各部署とのコミュニケーションは重要なのは理解していただいているはずです。頭が良くなる習慣を作って、仕事をスムーズに進められるようにしてください。

まとめ

「頭が良い人」というのは、とても憧れるものですが、なかには「頭の良さは生まれながらの才能」と考えている方もいるでしょう。

もちろん、生まれながらの才能になる部分も少なからずありますが、大切なのは「頭が良くなる習慣をどれだけ身に付けているか?」ということ。習慣を作るための行動に移さなければ、“頭が良い人”にはなれません。

この記事では、頭が良くなるための方法を5つ紹介しました。最初から全部をこなすのは難しいですが、あなたができることから始めてみてください。

「習慣を作る」ためには多くの時間が必要ですが、1度習慣をつければ、それが当たり前になるはずです。小さなことから少しずつ、“頭の良い人”に近づいていきましょう。

あわせて読みたい!