転職

履歴書を書く時の基本情報は?正しく書くために注意したい3つのこと

履歴書をミスなく正しく書くのは案外難しいものであり、慣れない人は四苦八苦してしまうかもしれません。

文字等を書き間違えた場合は新しいものに書き直すのが一般的ですし、デジタル機器が普及している昨今、あまり文字を書かないという人も多いでしょう。

この記事では、履歴書を正しく書くために意識すべきことや、PC及び手書きの履歴書について見ていきたいと思います。

履歴書を見ると本人の性格がある程度分かってしまう面もあるため、なるべく丁寧に正しく作成しましょう。

PCと手書きどっちが有利?それはケースバイケース

履歴書を書く際は、PCで書くか手書きにするか悩むところです。PCで書くと書き間違い等のリスクの軽減が可能であり、学歴等の同じ項目はそのまま使い回すことができるため、手間を大きく省くことができるでしょう。

しかし、今なお履歴書は手書きのものが好ましいという空気があり、企業によってはPCで作成された履歴書を提出した時点で選考に落ちてしまうこともあるようです。

そのため、特に指定がない場合は多少面倒でも一枚一枚手書きした方が無難と言えるのではないでしょうか。

しかし、外資系やIT系等、一部企業に応募する場合はPCで作成した履歴書の方が好ましい場合もありますので、結局のところケースバイケースということになりそうです。

その辺りは、自分が志望している会社の雰囲気を読み取りつつ、柔軟に判断する必要があるでしょう。

履歴書を正しく書くために気をつけたいことは?

それでは、履歴書を正しく書くために気をつけたいことを見ていきたいと思います。履歴書を書く上で大切なのは、記入ミスのない見やすいものを作成することでしょう。

履歴書は自身の履歴を伝える書類であると共に、企業に対するアピールの一つです。

丁寧に記載された読みやすい履歴書を提出する応募者は、読み手に対して気配りができると見なされることもありますし、そうでない場合は他者視点が欠けていると判断されてしまうかもしれません。

以下のような基本を抑えつつ、見やすく不備のない履歴書を作成することが大切です。

日付を忘れる人が多い。なるべく最初に記述しよう

履歴書を書く際には日付の記載を忘れないようにしましょう。日付欄は履歴書の欄外にあるため見落としやすく、また事前に内容を全て記入してから記載するという後回しになることが多い項目です。

そのため、日付の記載を忘れたまま履歴書を提出してしまうということも多いようです、その場合、後から「しまった」と思っても再度書き直すということはできず、それがそのまま企業からの評価に繋がってしまうでしょう。

住所氏名や学歴職歴欄、志望理由や本人希望欄が空白だとさすがに提出前に気づくでしょうが、日付欄は意外と空白でも気づきにくいものです。書くべき欄に記載がないまま提出してしまうと、「この応募者はケアレスミスが多いかもしれない」というような判断を下されてしまうかもしれません。

それを防ぐためにも、日付欄はなるべく最初に記載し、提出前にはしっかりと確認するようにしましょう。

名前は大きすぎず小さすぎず、適正なサイズで

履歴書を書く際には、名前の文字サイズも気にしたほうが良いと言われています。名前の文字が小さすぎるといかにも自信がなさそうに見えてしまいますし、逆に大きすぎると我が強そうな人格がイメージされてしまう可能性があります。

企業によってはその方が好ましいという例もあるかもしれませんが、一般的にはどちらも減点対象です。自信がない人はなかなか自分から行動することができませんし、我が強い人は協調性に欠けていると見られてしまうリスクがあるでしょう。

実際のところはともかく、履歴書という書類一つから様々なことを判断するのが選考というものです。そのため、なるべく突飛な記載の仕方は避け、適性なサイズで名前を記載することをお薦めします。

住所は都道府県から省略せずに書こう

履歴書を書く際のポイントとしては、住所を略さず都道府県から書くことも挙げられます。普段、同じ県内や市内で住所を記入する際は省略することもできるかもしれませんが、履歴書のような正式な書類では避けるべきでしょう。

書くべき部分を省略してしまうと、相手に「この人は面倒くさがりなのかもしれない」等の懸念を与えてしまう可能性があります。こちらも実際のところはともかくとして、些細なことで評価を下げられてしまうのは好ましいことではありません。

また、学歴職歴欄も同様であり、学校名や学部名、会社名を略すのは避けた方が良いでしょう。顕著な例としては、株式会社の表記を(株)と略してしまうもの等が挙げられます。

履歴書という正式な書類には、正確な表記を行うことが一般的なマナーです。

字を綺麗に書けない人は丁寧に書くことを心がけよう

字が綺麗な人は良いのですが、そうでない人は見栄えの良い履歴書が作成できないという悩みを抱えているのではないでしょうか。字の綺麗さというのは一つのスキルであり、それを求めている企業もあればそうでない企業もあるというのが実際のところでしょう。

しかし、字が綺麗な見栄えの良い履歴書というのはそれだけで説得力があり、何となく本人の人柄も気になってしまうものです。面接に先立つ書類選考で履歴書の提出が求められているような場合は、字の綺麗さがプラスに働くこともあるかもしれません。

そのため、もし字が綺麗に書けないのであれば、なるべく丁寧に書くことを心掛けましょう。見栄えの良さ自体は劣るかもしれませんが、丁寧に記載された書類は読み手への配慮をアピールすることができ、それはすなわち気配り力や協調性があるという証左になります。

まとめ

転職活動においては、履歴書一つとっても本人を雄弁に語る材料になります。そのため、同じことを何度も書くからといって手を抜くわけにはいかず、もし記入ミスをしてしまったらまた一から書き直すのが一般的です。

PC作成の履歴書で問題ない場合はそのような悩みからは開放され、空いた時間を企業分析や面接対策に割くことができるでしょう。しかし、仕事内容に細やかさや丁寧さを要する企業にとっては、履歴書を手書きで丁寧に記入できるかという点も判断材料になるのではないでしょうか。

企業によって企業文化や仕事内容が大きく異なるのと同様、求められるスキルや特性も様々です。そのため、自分が志望している企業の要求をしっかりと掴み、それに沿った履歴書を作成することが大切です。

あわせて読みたい!