転職

高卒の転職事情は?成功させるポイントとおすすめのサービスを紹介

近年、転職市場は“売り手市場”と言われており、多くの方が自身が望む転職を実現させています。そのなかで、“高卒生”の転職市場はどのような状況にあるのでしょうか?

もしあなたが高卒生で社会に出ていたとして、中には「この会社で働き続けてもいいのか?」と悩む方は多いはずです。この売り手市場の現代では、「自分も転職して環境を変えたい!」と考える方もいるでしょう。

そこで今回は、高卒生における転職市場の“実情”や転職を成功させるための“ポイント”を紹介していきます。

高卒生の転職事情は?大卒と比較するとどうか?

高卒生の転職において苦労する点として、「学歴で門前払いされる」ということが挙げられるでしょう。特に大学まで通う人口が増えた現代において、企業の募集条件でも「学歴:大卒以上」という文言を見る機会が増えてきました。

高卒生というと、どうしても「就職や転職に不利」というイメージを持つ方が多いでしょう。では実際に、転職市場において“高卒生”はどのような境遇にいるのでしょうか?

ここでは、高卒生の“転職事情”や大卒生との“扱いの違い”について紹介していきます。転職活動中は多くの大卒生と争うことになるため、この違いを正しく知ったうえで転職活動を戦い抜いていきましょう。

転職市場において高卒生は大卒よりも不利なのが現状

まず転職市場において、「高卒生は大卒生よりも不利」ということは認めざるを得ません。企業もこぞって「学歴:大卒以上」を募集条件として挙げており、企業への応募さえもできないケースが多くあるでしょう。

だからと言って「高卒生は転職できない」というわけでは決してありません。たとえ高卒生で業種未経験であろうとも、転職を成功させた例は少なからずあります。特に業界や職種によっては“学歴不問”で募集されているため、希望と合致する企業に対しては積極的にアプローチをするべきです。

ここで大切なのは、「高卒生には何が求められているのか?」「どうすれば採用されるのか?」などを考えること。このことを事前に考えて準備しておかなければ、あなたが理想とする転職は実現しないでしょう。

「学歴:大卒以上」でも募集が可能な場合も

転職市場において、募集条件として「学歴:大卒以上」を挙げている企業が多いのが現実です。もちろん業界や職種にもよりますが、応募すら不可能というケースも少なくはないでしょう。

しかしここで、「学歴の条件が合ってないから応募できない」と諦めてしまうのは早計と言えます。なぜなら、たとえ募集条件に「学歴:大卒以上」とあったとしても応募ができるケースがあるからです。

この場合、諦める前に先方へ問い合わせてみるのもひとつの手でしょう。企業が「学歴:大卒以上」と書くのは、あくまで“一般的な常識を持つ人”を求めているだけで、「絶対に大学を卒業していないと不採用」という意味合いで書いているものではありません。ですので一度ダメもとで聞いてみて、「無理だったら仕方がない」という姿勢で向き合いましょう。

高卒生で転職!成功させるための3つのポイント

高卒生の転職というのは、大卒生と比べると応募できる求人も少なく、給与などの待遇としても決して良くないケースがほとんどです。選考中においても大卒生が優先されるケースも多いため、さまざまな苦労をすることになるでしょう。

ですので転職を成功させるためには、“高卒生ならではのポイント”を意識しつつ転職活動を進めていく必要があります。では、高卒生が転職を成功させるためには何に気を使えばいいのでしょうか?

ここでは、高卒生が転職を成功させるための“ポイント”を紹介していきます。気をつけるべきポイントを知り、自身が理想とする転職を実現させましょう。

自分が望む条件を明確に!不要な条件は後回し

どのような状況下での転職活動にも言えることですが、転職先の企業に対して「あれも欲しいこれも欲しい」ではうまくいきません。もちろん、自身が求める条件を兼ね備えた企業であれば理想ですが、そのような企業と出会える可能性は低いでしょう。

ですので、企業に求める条件を整理するにあたって「この条件だけは譲れない」「あの条件は優先度が低い」と考えるようにするべきです。この考えを軸に企業を選ぶことで、応募する企業の“幅”が広がるでしょう。

転職というのは、求める条件を兼ね備えた会社へ移ることで労働環境を改善するもの。しかしすべての条件を追い求めていれば、“転職そのもの”が上手くいかない可能性も考えられます。ですので、活動を始める前に「譲れない条件」と「妥協できる条件」を整理しておきましょう。

狙い目は未経験歓迎!経験はポジティブな理由でカバー

あなたが経験のある業種への転職を考えていれば別ですが、もし異業種への転職を考えていれば「未経験歓迎」を掲げる企業には積極的にアプローチをしていくようにしましょう。

というのも、未経験者を歓迎している企業というのは、“慢性的な人出不足”に悩んでいる傾向にあると言えます。人出不足に悩む企業は「採用するハードルが下がっている」ことも多いため、大卒生でも高卒生でも学歴関係なく選考に進められるはずです。

とにかく応募ができればこちらのもの。応募書類や面接では、業種の経験がない分を“将来性”で補う意識で臨みましょう。もちろん嘘はいけませんが、転職理由はできる限りポジティブに、自己PRは将来性をアピールできるように伝えることが大切です。

転職エージェントの利用!プロからのサポートを受ける

大前提として、転職市場では高卒生は大卒生と比べると“不利”であることは認めざるを得ません。さまざまな点で壁を感じて苦労するでしょうし、「どう対処すればいいのか?」と悩む機会も多いでしょう。

ですので、高卒生での転職を希望する方は“転職エージェント”の利用をおすすめします。転職エージェントというのは、いわば「転職のプロからサポートが受けられる」サービス。不利な立場に追いやられている高卒生にとって、とても心強い味方となることは間違いありません。

具体的には、あなたに合った求人の紹介や面接対策、応募書類の添削など、転職活動での多くのサポートが受けられます。またサービスによっては、転職ノウハウの指導会や模擬面接の実施などのサービスもあるため、転職に対して“不安”を感じる方はぜひ利用を検討するようにしましょう。

高卒生におすすめの転職サイトやエージェントとは?

転職市場において“不利な立場”に追いやられている高卒生の転職を希望するあなた。希望する転職を成功させるためにも、“転職サイトやエージェント”の利用をおすすめします。

転職サイトでは多くの求人情報を探すことが可能で、転職エージェントではさまざまな面でプロからのサポートが受けられるため、「こんなときはどうしよう」と悩むことは確実に減るでしょう。

ここからは、高卒の転職希望者におすすめの“転職サイトやエージェント”を紹介していきます。あなたに合ったサービスを利用し、転職活動をよりスムーズに進めていきましょう。

『リクルートエージェント』国内最大手サービス

『リクルートエージェント』は国内でも最大手と言われている転職エージェントで、紹介される求人の量や過去の実績においては右に出るサービスはないと言えるでしょう。もちろん高卒生の利用も可能ですので、多くの情報を集めたい方にはおすすめしたいサービスのひとつです。

『リクルートエージェント』の魅力は、やはり「求人の数や幅広さ」と言えるでしょう。求人数の量が多く幅が広いということは紹介される企業も増えるため、単純に転職が成功する可能性が高くなるとも考えられます。

これまで転職支援をした実績は“40万人以上”、『リクルートエージェント』でしか紹介されない非公開求人が“10万件以上”あるなど、実績や求人数において圧倒的とも言える『リクルートエージェント』。高卒生のあなただからこそ、ぜひ利用してほしいサービスのひとつです。

『DODA』転職サイトの機能も持ったエージェント

『DODA』は国内でも多くの転職希望者に利用されている転職エージェントのひとつで、もちろん高卒生歓迎の求人も数多く掲載・紹介されているサービスです。

『DODA』を利用する最大のメリットは、「幅広い情報を集めながらサポートが受けられる」ということ。他の転職エージェントはあくまで“転職のサポート”を重視していますが、『DODA』は転職サイトのように求人情報も数多く掲載されています。

また『DODA』では、“スカウトメール”が多いことも魅力的な点のひとつ。スカウトメールとは、企業側が求職者に「面接に来てほしい」という要望を伝えるもの。ですので、言ってしまえば「あなたが企業から認められた証」とも言えるでしょう。

このスカウトメールを多く受け取ることで、「自分はこの業界の企業に求められているのか」という気づきを得られるとともに、自身の長所をあらためて見直す良い機会となるでしょう。

『Spring転職エージェント』外資系にも強い

『Spring転職エージェント』は大手転職エージェントのひとつで、“外資系企業”への転職を強みとしているサービスです。とはいえ、20代向けの求人情報や未経験OKの求人も多く紹介されており、もちろん学歴に関係なく利用ができます。

『Spring転職エージェント』の特長としては、「各分野に特化したコンサルタントが在籍している」ということが挙げられるでしょう。「HR&ファイナンス」「セールス&マーケティング」「IT&エンジニアリング」「ライフサイエンス&メディカル」という4つの専門分野を持ったコンサルタントが在籍しています。

もちろん、『Spring転職エージェント』は高卒生に特化したサービスではありませんが、あなたの転職における“視野”を広げる意味でも利用してみてはいかがでしょうか?

『リクナビNEXT』求人数国内No.1の転職サイト

『リクナビNEXT』は“求人数国内No.1”の転職サイトで、『リクルートエージェント』と同じリクルートが運営しているサービスです。国内最大級の求人数を誇る転職サイトであるため、幅広い企業の情報が多く得られるでしょう。

『リクナビNEXT』は多くの転職希望者に利用されているサービスで、それは「転職希望者の80%が利用している」とまで言われるほど。まさに転職活動において“王道のサービス”と言えます。

リクルートが運営している転職サイトになるため、『リクルートエージェント』との併用をすることで受けられるメリットも最大化できるでしょう。国内最大のサービスだからこそ得られる情報も多いため、転職活動で幅広い情報を多く手に入れたい方はぜひ利用してみてください。

『マイナビ転職』質の高い求人情報が多数

『マイナビ転職』は日本最大級の転職サイトで、20代向けの求人を中心に幅広い層を対象とした求人が掲載されています。また「学歴:高卒以上」を条件としている企業も多く、高卒の転職希望者にとっては利用しておきたいサービスでしょう。

特に、「やりたいことが見つからない」「好きなことを仕事にしてみたい」という方には、『マイナビ転職』はぜひ利用してほしいサービスです。というのも、サイト内では自分の“好きなこと”を基準とした検索が可能で、ジャンルとしては「映画・ドラマ」「自然・アウトドア」「車・ドライバー」などが挙げられます。

また『マイナビ転職』のサイト内には、転職に役立つコンテンツも数多く掲載。「履歴書の書き方」「自己PRの考え方」「“大卒希望”の本当の意味」など多くの記事が掲載されているため、一度覗いてみてはいかがでしょうか?

『はたらいく』転職フェアも開催する転職サイト

『はたらいく』は多くの求人情報が掲載されている転職サイトで、とても細かな条件から求人を検索できるサービスになります。『はたらいく』に掲載されている求人のうちの90%以上が、ここにしか載っていない求人となっているのも特徴のひとつです。

『はたらいく』の特徴として、“らいくサービス”というサービスがあります。この“らいくサービス”とは、「あなたが企業を“お気に入りリスト”に追加した」際、企業にその旨が通知されるサービス。つまり、企業側へ「〇〇さん(求職者)があなたの企業に興味を持っているらしい」という通知が企業へ届くのです。

この“らいくサービス”で実際に内定が決まった方も多く出ているため、利用する際は「この企業に興味はあるけど、応募するのには勇気がいるな…」と悩まず気楽に応募するといいでしょう。

まとめ

繰り返しになりますが、高卒生の転職というのは大卒生と比べると不利であることは間違いありません。それぞれの人柄を見ようとはせず、学歴というフィルターでふるいをかける企業は多いと言えます。

この厳しい状況だからこそ、自身が求める条件やアピールできる点とともに、転職を成功させるための“ポイント”を理解しておきましょう。このポイントを押さえつつ転職活動を進められれば、自ずと良い結果が出るはずです。

しかし、このポイントや要点をすべて自分ひとりで実現させるのは簡単ではありません。そこで高卒の転職希望者であるあなたには、転職サイトやエージェントなどの“転職支援サービス”の利用をおすすめします。

特に転職エージェントでは、さまざまな面であなたの転職活動をサポートしてくれるため、「これからどうすればいいのだろう…」と悩むことは確実に減るでしょう。あなたに合ったサービスを利用し、ポイントを確実に押さえながら転職活動を進めるようにしてください。

あわせて読みたい!