メンタル

「仕事が辛い」を感じたときに乗り切るための3つの方法とは?

「仕事が辛い」と感じてしまったとき、あなたはどのようにしていますか?おそらく、「どうしたらいいのかがわからない」という人がほとんどだと思います。

せっかく入社して今まで続けてきた仕事でしょうし、「仕事が辛いから辞める」と決断するのには相当の勇気がいります。できることならば、今いる会社で仕事を続けられるのがベストでしょう。しかし、「仕事が辛い」と感じたまま毎日を過ごすのは、あなたの人生においてあまりにももったいないことです。

そこで今回は、「仕事が辛い」と感じたときに乗り切るための方法や考え方をまとめさせていただきます。

「仕事が辛い」と感じる原因を正しく把握しよう

何事でもそうですが、まずは「仕事が辛い」と感じている原因を正しく把握することが大切です。原因を正しく把握しない限り、現状が良くなることはありません。

そこでおすすめなのが、「仕事が辛い」と感じる原因をとにかくたくさん挙げてみることです。無理に頭の中で整理しようとするのではなく、スマートフォンでもメモ帳でもかまいませんので、とにかくあなた自身が「何に辛さを感じているのか?」ということを、自分で見えるようにしましょう。

「仕事が辛い」と感じる原因をたくさん挙げていくなかで、あなたが今まであまり考えていなかったことや、新たな発見が見つかることがあります。まずは、「仕事が辛い」と感じる原因について考えてみましょう。

これから、「仕事が辛いときに乗り越えるための考え方」を紹介させていただきますが、ここで挙げた原因についても、あなたなりに改善ができないか考えてみてください。

「仕事が辛い」と感じたときに乗り越えるための3つの方法

では、実際に「仕事が辛い」と感じたときにできる「乗り越えるための方法」についてまとめさせていただきます。ここでは、スキル的なことではなく、仕事に対する「考え方」にフォーカスを当てて紹介していきます。

これからあげる「考え方」は特別難しいことではなく、あなた1人からでも十分取り組めるものになっているはずです。なので、先ほど考えていただいた「原因」に対しての対策と一緒に、できることから取り組んでみることをおすすめします。

仕事で「最大の成果」を出すことに全力を注いでみる

まずは、「仕事で最大の結果を出すことにとことん専念してみる」ことをおすすめします。「仕事が辛い」と感じているあなたは、おそらく今の仕事に対して「おもしろさ」を感じていないのではないでしょうか?

その場合、仕事内容を変えることも考えられますが、まずは今の仕事のやり方を考えなおして「今の仕事のおもしろさ」を見つけ出すことも必要になってきます。

もちろん、仕事をするうえで上司や先輩から「目標」や「やるべきこと」を与えられるとは思います。しかし、与えられた仕事だけをするのではなく、あなたなりに「結果を出すためにもう少し何かできないか?」と考えてみてください。

仕事を楽しく感じるための最大のコツは、「自分から進んで仕事をすること」です。周りから与えられた仕事ばかりをやり続けていると、仕事にやりがいを感じなくなり、だんだん毎日が辛くなってしまいます。

仕事以外のところで「楽しいこと」を増やしてみる

次に「仕事以外に楽しいことを増やす」ことをしてみてはいかがでしょうか。あなたには、何かしらの「好きなこと」があると思います。もちろん、趣味がなければいけないなんてことはありません。「何もない」という人でも、なにかを始めてみる良いタイミングともいえるでしょう。

小さなことでもいいので、「好きなゲームをしよう」や「今週末は友人と遊びに行こう」など、あなたが「楽しい」と感じることをどんどん増やしていきましょう。

「仕事が辛い」と悩んでしまうということは、「頭の中が仕事でいっぱいになってしまっているから」ともいえます。つまり「毎日の生活=仕事」の状態になってしまっているのです。なので、まずは仕事以外に楽しむ時間を増やしましょう。

そうすることで、「今日頑張ったら楽しみがある」や「帰ったらやりたいことがあるから早く終わらせよう」というように、普段の仕事に対してもポジティブに取り組むことができます。

「仕事が辛い」と感じたら1回気を抜いてみる

先ほど「仕事が辛い」ということは「頭の中が仕事で支配されている」とお話ししました。その場合、とにかく1度思いっきり気を抜いてみましょう。「仕事が辛い」と悩んでいるあなたは、責任顔が強く「仕事がうまくいかなかったらどうしよう」と常に考えてしまっているのではないでしょうか?

そんなあなただからこそ、1度気を抜いてみてください。仕事でちょっとくらい失敗してもなんとかなるものですし、何より仕事が辛かったら逃げたっていいんです。

「逃げてもいい」「多少ならば失敗してもいい」くらいの気持ちで仕事をしてみると、今まで苦戦していた仕事がうまくいったり、思い切りがよく仕事に取り組めるようになったりするはずです。

また、「仕事が辛い」と感じたときだからこそ、明るく挨拶することを心がけてください。1日の初めに明るく挨拶をすると気持ちがいいものですし、周りからの見方もきっと変わってくるはずです。

どうしようもない環境であれば「転職」も考えるべき

「仕事が辛い」と感じているあなたは、毎日が本当に辛いのだと思います。これまで紹介をした方法や考え方でうまくいけばいいのですが、場合によってはそれでも改善しないケースがもちろんあります。

会社や上司そのものがどうしようもなかったり、あなた1人の力だけでは解決できなかったりすることもあると思います。その場合、少し厳しい話ですが「転職」を考える必要があります。変えることが難しい環境を変えようと努力して、あなたが先に消耗してしまっては元も子もありません。

何も最初から「転職しよう」と意気込まなくてもかまいません。転職するつもりで、転職サイトや他の会社のことを1度見てみてください。それだけでも十分視野は広がりますし、「今の会社がすべてじゃないんだ」と気持ちが楽になるはずです。

まとめ

ここまで「仕事が辛いときに乗り切る方法」を紹介しましたが、あくまで乗り切るのではなく「解決をする」ことに重点を置くことをすすめします。いつまでも解決しようとしなければ、これから先、ずっと「仕事が辛い」と感じながら過ごさなければなりません。

まずは、「仕事が辛い」と感じている原因を正しく把握しましょう。そうすることで、今の状況の解決に近づけるはずです。

ただ覚えておいてほしいのが、あなたにとって1番大切なものは「あなた自身」です。仕事だからといって、あなたの身体を壊すまで無理をしてはいけません。「仕事が辛い」と感じている今だからこそ、あなた自身の働き方について、1度向き合ってみてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい!