職場の悩み

30代で「仕事を辞めたい」と感じた人に考えてほしいこと

30代で仕事を辞めるということは、すごく不安ですよね。長く勤めた会社を離れ、改めて転職活動をするのは本当に怖いことだと思います。

  • 将来が不安で仕方がない
  • 転職がうまくいくかどうかが怖い
  • 家庭や将来の不安があって踏み切れない

というように、30代だからこそ「仕事を辞める」という決断に踏み切れない理由があると思います。しかし、今の仕事に不満が多ようであれば、無理して仕事を続けることはあなたにとって良いことではありません。 そこで今回は、30代で「仕事を辞めたい」と考えている人が、改めて考えてほしいことをまとめさせていただきました。

あなたの1番大切なものをしっかり考えなおす

「30代」というと後輩社員もたくさんいるでしょうし、人によっては何かしらの役職に就いている人もいるのではないでしょうか?そうなると仕事上での責任も増え、なかなか「仕事を辞めにくい状況」になってしまいます。このことで気後れをし、なかなか「仕事を辞めたい」と言いにくい気持ちがあるかと思います。

しかし、ここで改めて考えてほしいことがあります。それは、「あなたの人生で1番大切なものは何か?」ということです。 確かに、30代で部下や後輩を持つあなたが仕事を辞めることで、職場の上司や部下たちに迷惑をかけることになるでしょう。しかし、この「上司や部下の評価」があなたの人生において最も大切なものでしょうか? 改めて「あなたの人生において最も大切なものは何か?」ということについて、考えてみることをおすすめします。

あなたが仕事を辞めたい「本当の原因」は何か?

30代で転職するにあたり、最も考えなければいけないことが「仕事を辞めたい”本当の原因”は何か?」ということついてです。ここで気をつけていただきたいのが、ここでいう原因とは「体裁のいい表面上の原因」ではないということです。 あなた自身が感じている「仕事を辞めたいと考えている本当の原因」をハッキリさせておかない限り、転職した先でも同じ失敗をくり返す可能性があります。 少し嫌になる作業ではありますが、自分が心の奥底に持っている「本当の原因」を探ることで、転職した先での同じ失敗を避けることができるはずです。

とにかく「不満に思うこと」を書き出してみる

「仕事を辞めたい」を感じている本当の原因を探るため、まずやってほしいことは「とにかく不満を紙に書き出す」ということです。あなたが仕事や会社に感じている不満を、とにかく吐き出すように書いてみてください。 ここでは、「こんな理由だと情けないな…」とか「かっこ悪いな…」ということは一切考えないでください。そのような思いがあると、あなたが心の奥底に押しやっている「本当の原因」が出てこなくなってしまいます。

とにかく書き出していくと、今まで自分でも気づいていなかった考え方や視点が浮き出てくることもあるため、今後の転職活動においてかなり役に立つことでしょう。少し辛い作業にはなりますが、転職を成功させるための大事なステップとして、1度チャレンジしてみることをおすすめします。

その原因は転職することで「解決」するのか?

とにかく「本当の原因を書き出す」作業をすると、自分の見えていなかった原因やあなたが隠していた原因などが出てくると思います。そこで次にやるべきなのは、「その原因をどうしたら解決できるのかどうか?」と分類することです。

  • 自分で解決しなければならないこと
  • 転職することで(おそらく)解決すること
  • 転職してからでないとわからないこと

 

というように、原因ごとにどうすれば解決できるのかどうかをハッキリさせておきましょう。転職するにあたって考えるべきなのは、「仕事を辞めたい原因はどの分類にあたるのか?」ということです。例えば、「自分で解決しなければならないこと」しか原因がない場合、今の仕事を辞めて転職したところで状況が変わることはないでしょう。

30代のあなたは将来どのような人生を歩みたいのか?

30代であるあなたは、社会人としての経験も積み、自分なりに「将来はこう生きていきたい」という思いが大なり小なりあるのではないでしょうか? 転職をするにあたり、「将来自分はどうなりたいのか?」という考え方はとても大切です。この考えを疎かにしていると、あなたの転職活動が「軸のない転職活動」になってしまいます。今の仕事と同じ失敗をくり返さないためにも、この先、3年・5年・10年と、あなたがどうなりたいかということを改めて考えてみましょう。

1人の個人としてこれからどうなりたいのか?

まず大切なのが、「あなたは、1人の人間としてどうなりたいのか?」ということです。確かに、現在会社で働いている私たちは「社会人」と呼ばれる人であり、仕事は人生において大切なものといえるでしょう。しかし、「人生=仕事」ということは決してありません。 あなたには何かしら好きなことがあるでしょうし、本当は大切にしたいことだってたくさんあるはずです。30代ともなれば、家庭を持っている人だっていると思います。そのなかで、仕事の将来ばかりを考えていてはあまりにもったいないことです。 「仕事を辞める」という人生の分岐点だからこそ、自分自身やあなたの家族は「今後どういった人生を歩んでいきたいのか?」ということをハッキリさせておくといいでしょう。

1人の社会人としてこれからどうなりたいのか?

次に、「1人の社会人としてどうなりたいのか?」ということについても考えておきましょう。先ほど「人生=仕事」ではないとお話ししましたが、人生において仕事は、あなたを成長させてくれる大切なことです。「この先自分がどういう社会人になりたいのか?」ということを考えるのは、あなたの将来にとっても大切なことといえます。

先ほどもお話ししましたが、「自分はどんな社会人になりたいのか?」ということがハッキリしていないと、「軸のない転職活動」を送ることになるでしょう。 もちろん、たまたま上手くいく可能性もあるでしょうが、軸がある転職活動をする方がスムーズに進みますし、あなたが希望している会社に転職できる可能性がグッと上がるはずです。

仕事を辞めて転職する「準備」はできているか?

  • 仕事を辞めたいと感じる原因は何か?
  • あなたは将来どうなりたいのか?

ということをこれまで考えてきてもらったかと思います。こういった「自分と向き合う機会」はとても大切ですが、いざ転職活動をするとなったときに、活動する準備できていなかったら元も子もありません。 人によっては家庭をお持ちの人もいるでしょうし、「できる限り早く転職先を見つけたい」という思いが少ながらずあると思います。ですので、改めて「仕事を辞めること」に対する準備について考えてみましょう。

「金銭面での準備」はしっかりできているか?

人生において、何事もお金がつきものなのはご存知の通りですが、「転職活動」も決して例外ではありません。自己都合の退職の場合は、すぐに失業給付金はもらえませんし、生活費や交通費、保険料など多くの出費が考えられます。 つまり転職活動中は、「収入はないのに、支出は変わらずにある」という状況が続いてしまいます。このお金の面を甘く見積もっていると、1番の目的である「より良い会社に転職する」ということに大きな影響を与えてしまいます。特に家庭を持っている30代の人にとって、金銭面の準備はできる限りしておいた方がいいでしょう。

ただ、あなた1人で金銭面の準備をするのは難しいケースもあります。その場合は、しっかり自分の思いや考えを周りの人に話し、理解をしてもらったうえで協力をお願いすることをおすすめします。

30代の転職活動は「とにかく早め早めの準備」が大切

転職活動においては、とにかく「早め早めの準備」が大切になってきます。転職活動中は収入もなくなってしまうため、できる限り短い期間で次の仕事を見つけられるようにするべきです。 30代での転職というと、どうしても周りから否定されたり、「考え直した方がいい」と止められたりすることもあるかとも思います。このとき、「なんで自分はこんなに辛いのに理解してもらえないんだ?」と感じてしまうかもしれません。

しかし、それは「あなたが周りに理解してもらう努力をしていないから」ともいえます。ただただ「辞めたい」「将来のことはこれから考える」と言われれば、やはり聞く方も「考え直した方がいいんじゃないか?」と思ってしまうでしょう。 なので、まずは「仕事を辞めたい」と感じた正しい原因を把握し、今後どうなりたいのかということを考えたうえで、しっかりと転職活動の準備をするべきです。もし、しっかりとした準備ができている状態であれば、周りから止められる可能性はグッと下がるでしょう。

まとめ

30代で仕事を辞めるあなたは、どうしても周りから引き止められたり、否定をされたりすることがあるでしょう。そのせいもあって、将来のことが余計不安になり、退職を決断することが怖くなると思います。 しかし、あなたの1番大切なものを改めて考え直してみてください。あなたの思いや考えを周りの人たちに伝えてみてください。しっかりとした「考え」と「準備」さえあれば、周りの人たちもきっと理解をしてくれるはずです。

30代だから遅いなんてことはありません。不満のある仕事をだらだらと続けていれば、それこそ取り返しのつかない可能性もあります。 「30代から仕事を辞める」ということで、本当に不安なことも多いかと思います。だからこそ自分としっかり向き合って、万全の準備をしたうえで、より良い転職活動になることを願っています。

あわせて読みたい!