職場の悩み

できる社会人は暇な週末をどう過ごしてる?プライベート活用法3選!

日々忙しく過ごしている社会人のみなさん、余暇はどのように過ごしていますか? せっかく仕事が休みになっても毎日の仕事で疲れて一日寝てしまったりしていませんか?

充実した人生を送るには余暇の過ごし方が大変重要です。平日にだらだら仕事をして余暇が作れないと思っている方は要注意です。社会人たるもの、生産性の高い働き方をして自分の時間を作り出しましょう。しっかり働き、しっかり休むのがメリハリある社会人生活です。

社会人は暇な時間を作っている!生産性の高い働き方が暇な時間を産む

一般的な社会人であれば、だいたい週7日のうち5日は毎日会社に通っていると思います。朝から晩まで仕事をして、しっかり働いていることでしょう。中には残業で帰宅したころにはすっかり夜が更けているという方もいるでしょう。

そんな生活をしていると、暇な時間はありませんね。あったとしても家事や休憩だけで終わってしまいます。しかしそれでは人生を充実させているとは言えません。

本当に大切なのは自分の仕事よりも自分の人生ですから、自分のために使える時間を確保しなければいけません。そのためには何より生産性を上げて働くことが大切です。

「どうせ仕事から帰ってもすることがない」「仕事だけで精いっぱい」と思っている方は、一度自分の仕事の仕方を見直してみましょう。余暇を作ると思って働けば、意外と仕事中に無駄な時間を過ごしていたことに気付けるかもしれません。だらだら仕事をしていないか、一度振り返ってみてください。

できる社会人は暇な時間に自己投資!忙しい毎日をだらだら過ごさない

“できる社会人”と呼ばれる人たちは、仕事以外の時間を有効活用して自己投資をしています。決して仕事=人生だと思っていないのです。

できる社会人たちは自分の人生を充実させるために、効率的に仕事をして自己投資する時間を作っています。決してゆっくりと仕事をしたり帰宅後の時間をだらだらと過ごすこともありません。

仕事中はきっちり集中して仕事をこなすでしょうし、帰宅後はいち早くやらなくてはいけないことを終えているはずです。要は、自分のための時間をいかにつくるか、に注力しているのです。

できる社会人の暇な週末の過ごし方!プライベート活用法3選とは?

できる社会人は自分で時間を作り出すのですが、通勤時間や帰宅後の時間を有効活用しています。

仕事に関する調べ物や、自宅でもできる仕事を家に持ち帰っていることもあります。毎日帰宅後の数時間をこういった仕事の準備時間に当てていれば、平日の仕事の生産性はぐっと上がるでしょう。その分、週末は仕事を忘れてリフレッシュすることも可能です。

毎日仕事に疲れて帰ってきてだらだら過ごしてしまうよりも、結果的にメリハリがついて仕事の能率もアップしますし、いいことづくめです。仕事はきっかり平日だけで終わらせる、という意識も必要なのです。

毎日こつこつ資格の勉強!週末は思い切り遊んでリフレッシュ

仕事に必要な資格を取るためには、スキマ時間の活用が何より有効です。資格の勉強というものは、試験前に集中して学習するよりも毎日少しずつ勉強した方が身につきます。

さらに言えば、その方が資格を取った後の知識としても残りやすいです。ですから毎日帰宅後の一時間だけは必ず勉強する、などの習慣をつけると良いでしょう。

休みの日に5時間勉強することはなかなか難しくても、平日に1時間ずつ勉強するのなら何とか頑張れそうだと思いませんか。その分、休日は勉強を忘れて思いっきり遊んでリフレッシュもできます。特に、「週末に遊びたいから、今日はここまでやろう」と具体的な目標を立てて、毎日勉強に取り組むとベストです。

毎日こつこつ電車でビジネス書!週末は好きな本だけを読もう

また、できる社会人は毎日の通勤電車でも勉強しています。通勤電車の中では仕事モードですし、そのままのノリでビジネス書を読むのがおすすめです。小説や漫画など、楽しい本を読んでしまうと会社に行くのが憂鬱になることもありますが、通勤電車でビジネス書を読んでおけば、会社につくころには頭が整理されてすぐに仕事にとりかかれるというメリットもあります。

ビジネス書で得た知識をすぐに使えるのもメリットでしょう。もちろん、休日にまでビジネス書を読む必要はありません。あくまで平日の習慣として取り入れてみてください。ビジネス書以外でも、資格のための本や仕事の資料を読むのも良いでしょう。

毎日こつこつ英語のリスニング!週末は好きな洋画を堪能しよう

また、週末に映画を観るのなら洋画を見るのもできる社会人の心得。吹き替え版ではない洋画を見れば、英語のリスニング力を高めることができます。

特に現代を舞台にした映画を観れば、言い回しなどを学べるのでおすすめです。古い映画の場合は今と言い回しや表現が違う場合もあるので気をつけてください。

勉強しようと意気込まなくても、自然に英語に触れる機会を作るのはとても大事なことです。せっかく映画を観るのであれば洋画を堪能してみましょう。映画以外でも、洋楽を聴いたりするだけでも効果大です。

まとめ

できる社会人になるためには、平日の時間の使い方が大変重要です。通勤時間などのスキマ時間を活用したり、帰宅後の数時間を有意義に過ごすだけで、仕事の生産性は大きく変わるでしょう。

その代わりに休日はしっかり休み、しっかり遊んでリフレッシュ。これができる社会人の時間の過ごし方です。だらだらと仕事をしているだけでは人間としての魅力も半減してしまいます。仕事と休みのライフワークバランスを整え、人生を楽しみましょう。

あわせて読みたい!