転職

転職したいけど自信がない20代の男性必見!自信がわく6つの心構え

仕事でなかなか結果を出すことができずに、今現在、勤めている会社を辞めてしまいたい、と考えたことは誰にでもあるのではないでしょうか。世の中には数多くの企業が存在しているので、今の勤め先にこだわる必要もありません。

つまり、無理してあわない職場で仕事を続けていくよりも、転職して自分にあった職場を見つけるべきなのです。しかし、実績や社会人としての経験が少ない20代となると、うまく転職先が見つかるかどうかが不安になってしまいますよね?

そこで、ここでは転職をしたいと考えているけど、なかなか前に踏み出すことができない20代の男性に向けて、転職に対すて自信がわく6つの心構えを解説していきます。

また、転職をする20代のビジネスマンは、どのような理由で転職しているのかも説明していきます。今の仕事に自信が持てずに転職を考えているのであれば、ぜひ参考にしてみてください。

初めての社会の壁!20代の男性が転職を考える理由とは?

最初に20代の社会人が転職を考える主な理由について話をしていきます。会社によって勤務形態や就労時間などは異なりますが、転職を考える理由というのは非常に似通ってくるものです。とくに20代の男性のビジネスマンの転職理由として多いのが、「自分にあった仕事」を探し求めてしまうことです。

20代のビジネスマンは、まだ社会人としての経験が浅いために、「もっと自分にあった仕事があるのではないか」「今よりも自分にあった職場があるのではないか」と理想を膨らませてしまうのです。

あなたも今の勤務先で仕事をしているなかで、このように模索したことが、一度や二度はあるのではないでしょうか?そこで、ここからは20代の男性が考える転職理由を幾つかあげて解説をしていきます。

給料がよい職場を求めて!若いほうが転職に有利

まず、20代の男性が考える転職理由として非常に多いのが、「より給料がよい職場で働きたいから」という内容です。もちろん、どうせ社会人として働くのであれば、給料は少しでも多いほうがよいですよね?

確かに会社によって給料が違うのは事実です。また、現在貰っている月収だけではなく、賞与や昇給の条件によってもトータルで得ることができる収入額は大きく違ってきます。そのため、実際の手取りの収入だけではなく、自分が勤めている会社の人事査定のルールなどは必ず頭に入れておくようにしましょう。

そのうえで、より給料がよい職場を求めて転職をすることは、非常に健全な理由です。そして、勤めている職場で成果を積み重ねていくことが、昇進や昇給に繋がるのは言うまでもありません。つまり、この後何十年も働いていくことを考えると、20代の若いうちにより条件のよい職場に転職をした方が良いのです。

さらに、どのような業界や業種であっても、30代後半も過ぎると転職するのが難しくなってきます。つまり、より良い給料を求めて転職するのであれば、20代という若い年代のときの方が有利なのです。

人間関係のストレスが少ない職場へ転職したい!

そして、2つ目の転職理由として多いのが、「人間関係のストレスがない職場で働きたいから」という理由です。

会社というのは、周囲の人達と足並みをそろえて仕事をしていく組織です。そのため、サラリーマンとして働くのであれば、職場の人間関係というのは切っても切れない存在なのです。しかし、職場の全員と仲良くするのは、現実として無理でしょう。なぜなら、人間であれば、どうしても性格や相性があわない人が存在するからです。

あなたも今の職場で仕事をしていて、「何故か、この人とは相性があわないな」と感じたことがあるのではないでしょうか?職場に相性があわない人が一人や二人いても、直接仕事で接することがなければ、それほど問題ではありません。しかし、それが自分の上司や同僚だったら、話は別ですよね。

事実、人間関係が嫌で転職を考えている人の大半は、自分の上司との関係に悩んでいるのです。仕事を進めていくにあたって、上司の存在は非常に大きいですよね?たとえば、上司に成果を認めてもらわなければ、昇進や昇給も難しいでしょう。また、「パワーハラスメント」という言葉があるとおり、部下へのいじめや嫌がらせをする上司がいるのも事実です。

そのため、嫌いな上司の元で嫌々働き続けるよりも、より良い人間関係の職場を求めて転職活動を始める人が非常に多いのです。

やりがいのある仕事を求めて!自分に合わないから

そして、20代の男性が考える転職理由として3番目にあげるのが、「今よりもやりがいのある仕事を見つけたいから」という理由です。

とくに20代のビジネスマンであれば、今の職場が社会人として1社目から2社目の勤め先であることがほとんどです。つまり、多くの職場で働いたこともなければ、どのような仕事が世の中にあるのかが分からないのです。

そのため、20代のビジネスマンは「もっと自分にあう仕事があるのでは」「より、やりがいのある仕事があるのではないか」と考える傾向が強いのです。また、サラリーマンとして数年間働いたことによって、社会の仕組みが段々と分かってくることも関係しています。

就職活動を行なっていた学生の頃は、社会人になる前なので当然、社会で働くことの意味や仕事のやりがいなどを理解することができまでした。しかし、社会で数年働いている20代のサラリーマンであれば、「自分にあう仕事」「やりがいのある仕事」が徐々に見えてきます。

だからこそ、20代のビジネスマンの転職理由として「今よりもやりがいのある仕事を見つけたいから」という理由が非常に多いのです。

労働時間や勤務形態に不満・条件のよい職場を希望

また、20代の男性が考える転職理由として非常に多いのが、「労働時間や勤務形態に不満があるから」という理由です。どんなに好きな仕事ができたとしても、働く時間が長かったり、休憩時間や休日が少なかったりしたらイヤですよね?

近年、よく耳にする「ワーク・ライフ・バランス」という言葉があるとおり、長時間労働によってプライベートが影響を受けるのは問題です。仕事を続けていくうえで、労働時間や勤務形態は非常に大切な要素なのです。そのため、より良い労働環境を求めて転職活動を始める20代のビジネスマンが非常に多いのです。

サラリーマンの労働条件は、労働局による「労働基準法」によって基準が定められています。たとえば、労働の契約内容や残業代、賃金の支払い方法などに関するルールです。この「労働基準法」において勤務時間は、「1日に8時間、1週間に40時間を超えて労働させてはいけない」と規定されています。

明らかにこの基準を越えた労働を強いられているのであれば、転職を積極的に考えるべきでしょう。実際にこの基準以上の時間の労働を強制する企業があるのも事実、いわゆる「ブラック企業」です。ブラック企業までいかなくても、自分が求めている理想の働き方や生き方に、今の労働時間や勤務形態が合わないと感じている人は少なくありません。そのため、より条件のよい職場を求めて転職を考える人が多いのです。

今の会社で将来が見えないから・上司のようになりたくない

20代の男性が考える転職理由として最後にあげるのが、「自分の上司を見ていて自分や会社の将来が見えない」という理由です。会社における自分の未来や働き方を考えるとき、やはり先輩である上司の姿を見るのが一番です。しかし、その上司が理想の姿とかけ離れていたらどうでしょう?

たとえば、自分の直属の上司が40代の社員であったとします。その上司から、「長年勤めていても給料などほとんど上がらないぞ」というような話を聞かされたらどうでしょうか?その会社に対して「明るい未来」を感じませんよね。もちろん、仕事に対するモチベーションはあがりません。

どのような人であっても、上司に自分を照らし合わせて、何年か後の自分の姿をイメージするものです。そこで、明らかに会社で自分の将来が見えないことを理由に、転職に踏み切る20代のビジネスマンは多いのです。

転職に自信ない?20代の男性が自信を持つための6つの心構え

さて、ここまで20代の男性が考える転職理由をあげながら、その詳細を解説してきました。あなたも幾つかは、思い当たる節があったのではないでしょうか?

実は、20代の転職市場といのは、最も求人数が多い分野なのです。つまり、どの業界や業種でも20代の転職者を欲しがっているのです。これは転職を考えている20代の男性にとっては、非常に有利な状況といえます。

しかし、そうは言っても次の会社から内定がもらえるかどうかが、やはり不安ですよね?とくに転職活動が初めての人にとっては、何から始めてよいのか分からないものです。そのため、辞めたいと思っていてもズルズルと今の仕事を続けてしまう人も多いのが現状です。

しかし、20代という年代は少しぐらいの失敗はマイナスにはなりません。自分に自信を持って、積極的に転職にチャレンジすることが大切です。そこで、ここからは転職をしたいと考えているけど、なかなか前に踏み出すことができない人に向けて、転職に対して自信がわく6つの心構えを解説していきます。

自分の目標を明確にする!キャリアアップを目指す

最初に意識してもらいたい心構えが「転職によるキャリアアップを狙う」ことです。給料や人間関係が原因で次の職場を探すだけではなく、そこでキャリアを磨くことも頭に入れましょう。

とくに仕事におけるスキルや能力の大半は、20代でどのように働いてきたかで決まります。そして、20代に身に着けたビジネススキルによって、30代以降の仕事の成果が決まるのです。つまり、長い仕事人生を考えたとき、20代というのはキャリアアップを行う重要な時期でもあるのです。

そこで、「どのような職場で働き、どのようなスキルを身に着けたいのか」という自分自身の目標を明確にしなければいけません。そして、このように長期的に自分のキャリアを考えることで、前向きな気持ちになることができるのです。

これから何十年と続く自分の仕事人生を真剣に考えて、「キャリアアップのための転職」というように前向きに捉えるようにしましょう。

他人と比べない!自分がやるべき仕事をする

そして、2つ目のアドバイスが「自分がやるべき仕事に集中する」ことです。周囲の意見などは気にせずに、自分が選んだ仕事に没頭することを心がけてください。

たとえば、他人の仕事や働き方などと比べてしまうと、その他人の良いところばかりが目について、現状の自分に自信を持てなくなります。「隣の芝生は青い」という諺もあるように、他人が良く見えてしまうものです。

しかし、これだと転職活動の第一歩を踏み出すことができないですよね?そのため、他人と比べるは一切辞めてください。もちろん、周囲の雑音に気を遣う必要もありません。自分が選んだ仕事で、今やるべき仕事に集中するようにしなければいけません。

そうすることで、「自分は何をするべきか」が見えてきます。そして、やるべきことが明確になることで、スムーズに前進できるようになるのです。

初心を忘れないように!自分の仕事に誇りを持つ

次に意識してもらいたいのが、「初心を忘れない」ということです。なぜ、自分が今の仕事を選んだのかを今一度、考えてみてください。たとえ、今現在、仕事で結果が出ていなくても焦る必要はありません。自分自身が選んだ今の仕事に誇りを持ってください。

さらに、選んだ仕事に誇りを持って取り組める環境を手に入れることを考えましょう。もしかしたら、今現在、仕事で結果が出ていないのは、今の職場や人間関係があわないだけなのかも知れません。

そのため、今の仕事に誇りを持って、より最適な職場を見つけるために転職を行うというように捉えてください。このように、転職に対する考え方を改めることで、前向きに取り組み始めることができます。

自分はもっと価値のある人間で証明できると信じる

また、自分の存在価値を信じることも大切です。たとえ、今現在、思うような成果を上げることができていなくても、スキルアップすれば結果を出すことができると信じましょう。

そのため、周りの同僚やメンバーの仕事の成果に対して、「自分には絶対に無理だ」と考えてはいけません。単純に考えて、他人ができているのであれば、あなたに出来ない訳ないですよね?

実際に仕事を進めていくうえで必要とされる人間の基礎能力には、大きな違いはありません。人間の基礎能力とは、話す能力やコミュニケーション能力です。それでは、一体どこで仕事の成果の差は生まれるのでしょうか。

それには、自分に対する自信が大きく影響しているのです。そのため、自分の存在価値を信じて自信を持って仕事に取り組みましょう。

どんな人間関係にも揺るがない強い精神力を備える

また、転職をしたいと考えているけど、なかなか前に踏み出すことができない人に意識して欲しいのが、強い精神力を持つことです。周囲の人とのちょっとしたトラブルにも動じない精神力があれば、どのような職場でも通用するからです。

これを普段の仕事で意識しておけば、転職に対するハードルも下がるはずです。たとえば、同僚のメンバーが変わったり、部署が移動になったりしただけで仕事のパフォーマンスが下がってしまうようでは、大きな成果を上げることはできません。

そして、精神力を高めるには、一緒に働く上司や同僚が誰であろうと自分の意見を大切にすることです。常に自分の意見を明確にすることで、多少の人間関係のもつれにも動じない精神力を身につけることがます。

笑顔をモットーに!ポジティブな精神で人と接する

そして、20代のビジネスマンで転職をしたいが自信がないために行動に移せない人に意識してもらいたい6つ目のアドバイスが、ポジティブ精神です。どのような人であっても仕事や人間関係で失敗はするものです。そのため、一つ一つのミスや失敗を重く受け止める必要はありません。

なぜなら、どんなにミスや失敗を悔やんでも、過去を変えることはできないですよね?ですので、すぐに気持ちを切り替えて、笑顔で人と接することを意識してください。

お客様からクレームをもらったり、上司に叱られたりすることは、仕事をしていれば当たり前であると考えましょう。このように、楽観的に考えることで、仕事におけるあらゆる行動をためらうことがなくなります。

20代の男性におすすめ!多くの条件から選べる転職サイトはコチラ!

そして、転職に欠かせないのが転職サイトの活用です。そこで、20代の代の男性におすすめの転職サイトを紹介します。

最初に「マイナビ転職」です。業界大手の「マイナビ」グループのため安心して利用することができます。さらに、転職の求人数も他と比較すると圧倒的に多いです。

  • 「リクナビNEXT」公式ホームページ:https://next.rikunabi.com/

また、「マイナビ転職」と合わせて使いたい、おすすめの転職サイトが「リクナビNEXT」

です。こちらも業界大手のリクルートグループによる転職サイトです。非公開の求人も多いので必ず登録したい転職サイトです。

まとめ

さて、ここでは転職をしたいと考えている20代の男性に向けて、転職に対する自信をつけるための心構えについて解説してきました。

転職をしたいと考えても、仕事に自信がなければ難しいものです。とくに、入社したばかりの20代であれば、なかなか辞めることに対して前向きに考えることはできません。せっかく苦労して就職活動をして入社できたのに、「辞めてしまうのは勿体無い」と考えるからです。

ただ、20代の男性の転職というのは、その求人のニーズが非常に多いため、キャリアアップを狙える大きなチャンスなのです。そのため、自分に自信を持って積極的に転職を考えてみてください。

転職は現状を変える大きなきっかけになるはずです。どのようなビジネスマンにとっても、20代は積極的にチャレンジするべき時期なのです。

あわせて読みたい!